生年月日データベース

ミハイル・カラシニコフMikhail Kalashnikov

銃器設計者[ソ連]

(AK47の開発で有名)

1919年 11月10日

ミハイル・カラシニコフ - ウィキペディアより引用

ミハイル・チモフェエヴィチ・カラシニコフ(ロシア語: Михаи́л Тимофе́евич Кала́шников ミハイール・ティマフィェーヴィチ・カラーシュニカフ、1919年11月10日 - 2013年12月23日)は、ロシアの軍人、銃器設計者、政治家。
史上もっとも大量に製造され拡散しているアサルトライフルである「AK-47」(露: Автомат Калашникова образца 1947 года、1947年式カラシニコフ突撃銃)の設計者であり、第二次世界大戦後の旧ソ連を代表する銃器デザイナーである。
カラシニコフの一族は元々クバン地方に暮らすコサックで、かつては「カラシニク(Калашник)」という姓だった。
ロシア風のカラシニコフという姓は、19世紀半ばに一族が農民になった頃に改めたものである。
1910年、皇帝ニコライ二世がアルタイ地方への入植と引き換えに農地の譲渡を行うという政策を発表し、カラシニコフ家もこれに従い同地方クーリャ村に入植した。

■ 関連書籍

ロシア人の銃器設計者。1919年11月10日、西シベリア・アルタイ地方生まれ。世界の100カ国以上で使用されている自動小銃AK47を旧ソ連時代に設計した。AK47は46年、全自動発射可能な自動小銃として開発され、49年にソ連軍に採用された。仕様が簡単である上、非常に高い安定性を有し、耐久性に優れていて価格も安かったためライセンス生産、模造品も含めて全世界の紛争地で今日まで使用されている。同氏は生涯で150以上の武器を開発、09年、ロシアで最高位の勲章「ロシア連邦英雄」を受章。13年12月23日、病気のため中部イジェフスクの病院にて94歳で死去。 (2013-12-25) (引用元 コトバンク)

「ミハイル・カラシニコフ」と関連する人物

連想語句
  • 突撃
  • アサルト
  • ウォッカ
  • ライフル
  • ロシア
  • 世界
  • 出典
  • 大戦
  • 戦争
  • 新型
  • 時計
  • 死去
  • 祖国
  • 設計者
  • 銃器
  • 関連
  • カラシニコフ
  • ソビエト
  • ソ連
  • デザイナー
  • ロシア語
  • 代表
  • 史上
  • 大量
  • 拡散
  • 政治家
  • 製造
  • 軍人
  • 連邦