生年月日データベース

野崎孝のざきたかし

アメリカ文学者翻訳家[日本]

1917年 11月8日

野崎 孝(のざき たかし、1917年〈大正6年〉11月8日 - 1995年〈平成7年〉5月12日)は、日本のアメリカ文学者、翻訳家。
『ライ麦畑でつかまえて』など一連のサリンジャー作品のほか、フィッツジェラルドやヘミングウェイ、スタインベックなどの翻訳で知られる。
パン屋の長男として青森県弘前市に生まれる。
1929年、旧制弘前中学校(青森県立弘前高等学校の前身)に入学、常に首席を通し、語学の天才と讃えられる。
4年修了で弘前高等学校(弘前大学の前身)に入学。
1937年、東京帝国大学文学部英吉利文学科に進み、中野好夫に師事。
卒業後は東京の商業学校で教鞭を執る。
第二次世界大戦で出征し、中国で転戦。
復員後、旧制弘前高等学校教授。
1949年から1950年まで、新制弘前大学助教授。
上京後、51年中央大学文学部教授、70年東京都立大学教授、定年後、帝京大学教授。
1964年、J.D.Salingerの The Catcher in the Rye を『ライ麦畑でつかまえて』の題名で邦訳。

■ 関連書籍

連想語句
  • 学校
  • 弘前
  • 高等
  • 弘前大学
  • 教授
  • 文学部
  • 旧制
  • サリンジャー
  • スタインベック
  • フィッツジェラルド
  • ヘミングウェイ
  • ライ麦
  • 世界
  • 中央大学
  • 中野好夫
  • 入学
  • 前身
  • 大戦
  • 帝京大学
  • 弘前市
  • 東京
  • 東京都立大学
  • 県立
  • 翻訳家
  • 青森
  • 青森県
  • アーネスト
  • ジョン
  • スコット
  • パン
  • 一連
  • 上京
  • 中国
  • 中学校
  • 作品
  • 修了
  • 出征
  • 助教授
  • 卒業
  • 商業
  • 大学
  • 天才
  • 定年
  • 帝国
  • 師事
  • 復員
  • 教鞭
  • 文学科
  • 新制
  • 東京大学
  • 翻訳
  • 英吉利
  • 語学
  • 転戦
  • 長男
  • 首席