誕生日データベース

団藤重光だんどうしげみつ

法学者[日本]

1913年 11月8日

団藤 重光(だんどう しげみつ、正字体:團藤、1913年(大正2年)11月8日 - 2012年(平成24年)6月25日)は、日本の法学者。
岡山県出身(ただし生まれは山口県)。
東京大学名誉教授。
1974–83年(昭和49–58年)最高裁判所判事。
1981年(昭和56年)日本学士院会員。
1987年(昭和62年)勲一等旭日大綬章。
1995年(平成7年)文化勲章。
1913年(大正2年)11月8日、山口地方裁判所検事局次席検事団藤安夫(1878年 - 1935年)の長男として、山口県吉敷郡山口町で誕生した。
翌1914年(大正3年)、父が弁護士に転身するにあたり、父の郷里の岡山県高梁に近い岡山市へ家族で転居した。
以後、団藤は高等学校卒業まで岡山において成長する。
団藤自身が出身地を岡山であると言及するのは、山口での生活は物心つく前の短期間にすぎず、幼少期を過ごしたのが岡山だからである。
1925年(大正14年)岡山県女子師範学校附属小学校を飛び級で卒業(第5年で卒業)。
1929年(昭和4年)旧制第二岡山中学校(現岡山県立岡山操山中学校・高等学校)第四学年を飛び級で修了。

■ 関連書籍

だんどうしげみつ [生]1913.11.8.山口[没]2012.6.25.東京,文京法学者。刑事法学の第一人者。1935年東京帝国大学法学部卒業。1937年同大学助教授,1947年教授に就任。1974年に東京大学を定年退官後,最高裁判所判事に就任,1983年定年退官。1934年の『刑事訴訟行為の無効』以来,訴訟理論の分野で研究を深め,第2次世界大戦後『訴訟状態と訴訟行為』(1949)を著す。一方,司法省嘱託として新刑事訴訟法(→刑事訴訟法)の制定に尽力,同法が制定されると『新刑事訴訟法綱要』(1948)としてまとめた。1949年日本刑法学会の創設に参画し理事,1963~75年理事長を務めた。また法務省の刑法改正準備会,法制審議会などの委員となり,改正刑法草案の立案に深くかかわった。リベラル派として知られ,最高裁判事として判決にかかわった白鳥事件では再審への門戸を開く。さらに数多くの少数意見を展開し,司法史に大きな足跡を印した。死刑廃止運動にも取り組み,『死刑廃止論』(1991)を著した。1989~2000年宮内庁参与を務めた。著書に,『刑法と刑事訴訟法との交錯』(1950),『刑法綱要』(総論,1957,各論,1964),『注釈刑法』(全6巻,1964~69),『法学の基礎』(1996)など多数。1986年文化功労者に選ばれ,1995年文化勲章を受章した。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 刑事訴訟
  • 日本
  • 昭和
  • 最高
  • 裁判所
  • 判事
  • 主著
  • 刑法学
  • 勲一等
  • 名誉教授
  • 大綬章
  • 学士院
  • 学説
  • 山口県
  • 岡山県
  • 年譜
  • 廃止
  • 文化勲章
  • 旭日
  • 東京大学
  • 死刑
  • 法哲学
  • 法学
  • 法学者
  • 活動
  • 現行
  • 社会的
  • 立法
  • 門下生
  • 関与
  • 会員
  • 出身
  • 平成
  • 裁判官
  • 関連