生年月日データベース

マリ・キュリーMaria Skłodowska-Curie

化学者物理学者[ポーランド→フランス]

1867年 11月7日

1934年 7月4日 死去享年68歳
マリ・キュリーの名言
人生には恐れるものは何もない。あるのは、理解されるものだけだ。
Nothing in life is to be feared. It is only to be understood.
マリ・キュリー - ウィキペディアより引用

マリア・スクウォドフスカ=キュリー(Maria Skłodowska-Curie, 1867年11月7日 - 1934年7月4日)は、現在のポーランド(ポーランド立憲王国)出身の物理学者・化学者である。
フランス語名はマリ(マリー)・キュリー(Marie Curie)。
ワルシャワ生まれ。
キュリー夫人(Madame Curie)として有名である。
放射線の研究で、1903年のノーベル物理学賞、1911年のノーベル化学賞を受賞し、パリ大学初の女性教授職に就任した。
放射能 (radioactivity) という用語は彼女の発案による。
生涯 幼少時 生誕時の名前はマリア・サロメア・スクウォドフスカ(スクロドフスカ)(Maria Salomea Skłodowska)。
父ブワディスカ・スクウォドフスキ(スクロドフスキー)は下級貴族階級出身で、帝政ロシアによって研究や教壇に立つことを制限されるまではペテルブルク大学で数学と物理の教鞭を執った科学者である。

■ 関連書籍

Maria Skłodowska-Curie 「キュリー婦人」の名で知られるポーランド出身の科学者。「放射能(radioactivity)」の命名者で、放射線研究の第一人者。ノーベル賞受賞者。 1867年11月7日、ワルシャワ生まれ。 1934年7月4日、再生不良性貧血で66歳で死亡。 放射能研究の功績だけでなく、ワルシャワの悪情勢の中を力強く生き抜いた幼少期や、学問の道を歩む女性への偏見の大きかった時代に負けずに栄誉を勝ち取った姿は、現代でも「伝記」として世界中で語り継がれている。フェミニストの先駆者としての存在も大きい。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • キュリー
  • パリ
  • ノーベル
  • 放射能
  • キャリア
  • ピエール
  • ポーランド
  • ワルシャワ
  • 化学
  • 化学者
  • 大学
  • 学者
  • 家庭教師
  • 幼少時
  • 放射線
  • 物理
  • 物理学賞
  • 王国
  • 生涯
  • 研究所
  • 立憲
  • 苦学
  • アンリ
  • ネーム
  • ファースト
  • フランス語
  • マリ
  • マリー
  • ロスチャイルド
  • ロチルド
  • 元素
  • 出身
  • 受賞
  • 夫人
  • 女性
  • 就任
  • 彼女
  • 教授
  • 日本語
  • 有名
  • 用語
  • 発案
  • 精製