生年月日データベース

堤幸彦つつみゆきひこ

映画監督[日本]

1955年 11月3日 生 (満62歳)

堤 幸彦(つつみ ゆきひこ、1955年11月3日 - )は、日本の演出家、映画監督。
オフィスクレッシェンドの取締役。
三重県四日市市生まれ、愛知県名古屋市千種区出身。
活動初期は、堤ユキヒコ名義を使用した。
1955年三重県四日市市に生まれ、6歳のときに父親の仕事の都合で愛知県名古屋市に引っ越した。
名古屋市立田代小学校、名古屋市立城山中学校、私立愛知高等学校と進学し、高校を卒業する18歳まで名古屋で過ごした。
高校時代からロックに傾倒し、はっぴいえんどに憧れて上京を希望し、法政大学社会学部社会学科へ進学する。
大学在学中は当時の学生運動にも参加したが、3年の頃にそれが終わり、拠りどころを失くした堤は大きな挫折感を味わい、大学を中退する。
そのころ、偶然見つけた東放学園専門学校の新聞記事をきっかけに同校放送芸術科に入学し、放送業界に入る。
アシスタントディレクター時代は、当時の業界の常で先輩スタッフに怒られ、理不尽な暴力を振るわれることが日常茶飯事で、仕事ができず立っているだけだったので「電信柱」というあだ名をつけられる日々だった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

演出家。監督。オフィス・クレッシェンド所属。 高視聴率ドラマを連発し今やヒットメーカーと呼ばれる存在。 1955年、愛知県生まれ。映像作家・映画監督。 法政大学社会学部社会学科中退。東放送学院放送学科卒業後、1980年にディレクターデビュー。 数々の音楽番組、バラエティなどを制作する一方、舞台やコンサートなどの演出を経験。 「バカヤロー!私、怒ってます」第4話「英語がなんだ」('88)で劇場デビューを果たす。 その後もテレビ・ドラマ「金田一少年の事件簿」(日本テレビ系)、「ケイゾク」(TBS系)、「TRICK」(テレビ朝日系)などで斬新な映像を展開し、高視聴率を獲得するとともに、テレビ界に大きな影響を与える。 さらに、その手腕を駆使して劇場映画でも独特の世界観を描くことに成功している。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ドラマ
  • ビデオ
  • 番組
  • オフィス
  • クイズ
  • クレッシェンド
  • テレビ
  • テレビドラマ
  • バラエティ
  • ミュージック
  • 三重県
  • 作品
  • 作風
  • 制作
  • 千種区
  • 単発
  • 名古屋市
  • 四日市市
  • 姿勢
  • 愛知県
  • 映画
  • 舞台
  • 連続
  • 配信
  • ユキヒコ
  • 使用
  • 出身
  • 初期
  • 取締役
  • 名義
  • 活動