生年月日データベース

里見宗次さとみむねつぐ

グラフィックデザイナー[日本]

1904年 11月2日

里見 宗次(さとみ・むねつぐ、1904年11月2日 - 1996年1月30日)は、日本のグラフィックデザイナー。
大正時代に渡仏し、第二次世界大戦の時期を除いて戦前・戦後のパリで活動。
ムネ・サトミ (Mounet Satomi) の名でも呼ばれる。
生涯 誕生からボザール卒業まで 1904年(明治37年)11月2日、大阪府大阪市住吉区帝塚山に生まれる。
里見家は実業家で、五人きょうだいの末っ子(三男)であった。
長兄の同級生には小出楢重がおり、小出は里見家にはよく出入りする関係であった。
1911年、本来の学齢より1年早く天王寺師範附属小学校に入学。
1914年、桜島噴火のポスターコンクールに応募し、金賞を受賞した。
1917年、府立今宮中学校に入学、飛び級で1年早く卒業。
東京美術学校を受験する準備を行っていたが、フランスから帰国したばかりの小出楢重に刺激され、1922年(大正11年)にパリに渡る。
おりしも花開いたエコール・ド・パリ全盛期をパリで過ごすことになる。
アカデミー・ジュリアンで勉強した後に、パリ国立高等美術学校(エコール・デ・ボザール)本科を受験。

■ 関連書籍

「里見宗次」と関連する人物

連想語句
  • パリ
  • 生涯
  • ボザール
  • 卒業
  • 誕生
  • グラフィック
  • タイ
  • デザイナー
  • 世界
  • 主要
  • 作品
  • 商業
  • 大戦
  • 大正
  • 展覧会
  • 日本
  • 活躍
  • 美術家
  • 著書
  • サトミ
  • ムネ
  • 戦前
  • 戦後
  • 時代
  • 時期
  • 活動
  • 渡仏