生年月日データベース

福留孝介ふくどめこうすけ

プロ野球選手、メジャーリーガー[日本]

1977年 4月26日 生 (満41歳)

福留孝介 - ウィキペディアより引用

福留 孝介(ふくどめ こうすけ、1977年4月26日 - )は、阪神タイガースに所属するプロ野球選手(外野手、内野手)。
プロ入り前 大崎町立大崎小学校3年からソフトボールを始め、6年には全国大会に出場。
大崎中学校時代はボーイズリーグの「鹿屋ビッグベアーズ」に所属し、全国制覇。
当時PL学園の立浪和義に憧れており、中日ドラゴンズのキャンプを見学した際に入団したばかりの立浪(入団は1988年)からバットやサインをもらったこともある。
その11年後にチームメイトとして再会する。
藤井秀悟とは高校2年の冬休みに第1回AAAアジア野球選手権大会日本代表選出され渡辺元智監督の期待に応え第1回AAAアジア野球選手権大会優勝に貢献して以来の親友。
1995年名門PL学園の4番として、1年秋から4番を打ち、3年夏の地方予選では7本塁打を放った。
この年の高校No.1スラッガーとしてスカウト陣の注目を浴びた。
同年のドラフト会議では指名順位1位で7球団が競合する。
高校生選手に対する7球団1位指名競合は1985年の清原和博の6球団1位指名競合を上回る歴代1位。

■ 映像作品

■ 関連書籍

プロ野球・MLB選手。 ポジションは外野手。背番号1→8。 1977年4月26日生。鹿児島県曽於郡大崎町出身。182cm85kg。右投左打。 PL学園高校−日本生命−中日ドラゴンズ(1998年ドラフト1位)−シカゴ・カブス(FA宣言)−クリーブランド・インディアンス−シカゴ・ホワイトソックス−ニューヨーク・ヤンキース(マイナー契約)−阪神タイガース 高校時代は春夏合わせて3度甲子園に出場。3年夏には初戦の北海道工業戦で2本塁打を放つなど、15打数7安打7打点の活躍。 この年の高校野球の話題を独占するとともに、スカウト陣の注目の的に。 ドラフトでは高校生としては史上最高となる7球団が競合、大阪近鉄バファローズがくじを引き当てるも、 福留は希望の球団でなかったため入団を拒否、社会人野球の日本生命へ進む。 1996年のアトランタオリンピックで日本代表として銀メダルを獲得。 1998年逆指名で念願の中日ドラゴンズへ入団。1年目の開幕戦からスタメンに名を連ねチームのリーグ優勝にも貢献した。 また9月4日の広島戦で「サヨナラ落球」という不名誉な記録を残す。 その後伸び悩み、2000年、2001年と成績は下り坂に。 彼の才能が本当に開花したのは2002年から。 奇しくも高校3年時のドラフトでバファローズの監督として当たりくじを引き当てた佐々木コーチのもとで打撃改造に着手、またこの年から本格的に外野手へコンバート。 初のフル出場で松井秀喜をおさえ首位打者に輝く。2003年には長打力も伸び、34本塁打11三塁打を記録。6月にはサイクルヒットも。 2004年は開幕から4番を打ち、アテネオリンピック代表に選ばれ日本の銅 …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 野球
  • オリンピック
  • クラシック
  • ベースボール
  • ワールド
  • 大崎町
  • 曽於郡
  • 鹿児島県
  • ふくどめ
  • アテネ
  • アトランタ
  • 出身
  • 孝介
  • 男子
  • 福留
  • 近代