生年月日データベース

ジェームズ・ポークJames Knox Polk

政治家、アメリカ合衆国第11代大統領[アメリカ]

1795年 11月2日

1849年 6月15日 死去コレラ享年55歳
ジェームズ・ポーク - ウィキペディアより引用

ジェームズ・ノックス・ポーク(James Knox Polk, 1795年11月2日 - 1849年6月15日)は、第11代アメリカ合衆国大統領。
ノースカロライナ州メクレンブルク郡に生まれ、後にテネシー州に移住、州知事、連邦下院議員を務める。
1844年の大統領選でポークは「ダークホース」の候補であった。
彼はテキサスの併合を約束し、ホイッグ党のヘンリー・クレイを破って当選した。
ポークは第二党システムの間におけるジャクソン流民主主義のリーダーであった。
ポークは最後の南北戦争前における「強い」大統領であった。
彼は外交政策での成功で有名である。
イギリスとの戦争の可能性を唱え、オレゴン境界紛争を決着させた。
メキシコがテキサス併合を拒絶したとき、ポークは国を米墨戦争へと導き、その勝利で領土を大きく広げることとなる。
彼は1846年にウォーカー関税を成立させ、南部からの支持を得た。
また、1913年まで続く国庫システムを確立している。
ポークは海軍士官学校とスミソニアン博物館の開設を監督し、ワシントン記念塔の起工式に立ち会い、アメリカ合衆国における最初の切手発行も監督した。

連想語句
  • 戦争
  • ポーク
  • 大統領
  • アメリカ
  • システム
  • テキサス
  • ノースカロライナ州
  • 併合
  • 合衆国
  • ウォーカー
  • オレゴン
  • クレイ
  • ジャクソン
  • テネシー州
  • フィート
  • ヘンリー
  • ホイッグ
  • メキシコ
  • メクレンバーグ
  • 南北
  • 境界
  • 民主主義
  • 紛争
  • 関税
  • とき
  • イギリス
  • ダークホース
  • テキサス州
  • リーダー
  • 下院
  • 候補
  • 勝利
  • 南部
  • 国庫
  • 外交
  • 大統領選
  • 当選
  • 成功
  • 成立
  • 拒絶
  • 支持
  • 政策
  • 最後
  • 有名
  • 決着
  • 知事
  • 移住
  • 約束
  • 議員
  • 連邦
  • 選挙
  • 領土