生年月日データベース

マリー・アントワネットMarie Antoinette Josepha Jeanne de Lorraine d'Autriche

フランスの王妃[オーストリア→フランス]

1755年 11月2日

1793年 10月16日 死去処刑享年39歳
マリー・アントワネット - ウィキペディアより引用

マリー・アントワネット・ジョゼファ・ジャンヌ・ド・ロレーヌ・ドートリシュ(フランス語: Marie Antoinette Josepha Jeanne de Lorraine d'Autriche, 1755年11月2日 - 1793年10月16日)は、フランス国王ルイ16世の王妃。
フランス革命中の1793年10月16日に刑死した。
生涯 幼少期・結婚まで 1755年11月2日、神聖ローマ皇帝フランツ1世シュテファンとオーストリア女大公マリア・テレジアの十一女としてウィーンで誕生した。
ドイツ語名は、マリア・アントーニア・ヨーゼファ・ヨハーナ・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン。
イタリア語やダンス、作曲家グルックのもとで身に付けたハープやクラヴサンなどの演奏を得意とした。
3歳年上のマリア・カロリーナが嫁ぐまでは同じ部屋で養育され、姉妹は非常に仲が良かった。
オーストリア宮廷は非常に家庭的で、幼い頃から家族揃って狩りに出かけたり、家族でバレエやオペラを観覧した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

Marie Antoinette (1755-1793) フルネームはMarie Antoinette Josepha Joanna of Hapsburg-Lorraine。 美しい容姿を持ち、可憐な薔薇と絶賛を浴びた美貌の王女。湯水の様にお金を使いブルボン王朝を破滅に追い込んだ放蕩王妃。 浮気三昧な生活の果て、子供の病気にも気がつかずに死なせてしまった母。 華やかな王宮を追われた、悲劇の王妃。潔く不当な裁判を受け、威厳と誇りを持ち続けたまま、ギロチンに掛けられ、死んでいった。 1755年11月2日、父・神聖ローマ皇帝フランツ1世、母・女帝マリア・テレジアの末娘としてオーストリアに生まれる。1765年8月、父フランツ1世没。1770年5月、フランス王室に輿入れ(14歳5ヶ月余)。1780年11月29日、母マリア・テレジア没。1789年フランス革命。1791年6月、国王一家パリから逃亡(ヴァレンヌ逃亡事件)、8月タンブル塔に幽閉。1793年1月21日、ルイ16世処刑、10月16日、革命裁判で有罪となったマリー・アントワネット処刑(現在のコンコルド広場でギロチン処刑)。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • アントワネット
  • エリザベート
  • ハプスブルク
  • フランス
  • マリー
  • ルイーズ
  • ルブラン
  • ロートリンゲン
  • ヴィジェ
  • 出典
  • 全名
  • 王国
  • 王妃
  • 称号