誕生日データベース

ディエゴ・マラドーナDiego Maradona

男子サッカー選手、監督[アルゼンチン]

1960年 10月30日

ディエゴ・マラドーナ - ウィキペディアより引用

ディエゴ・アルマンド・マラドーナ(スペイン語: Diego Armando Maradona、1960年10月30日 - )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス州ラヌース出身の元サッカー選手、サッカー指導者。
現役時代のポジションはフォワードまたはミッドフィールダー。
ペレ、ヨハン・クライフ、フランツ・ベッケンバウアー、アルフレッド・ディ・ステファノ、ジーコなどと共に20世紀のサッカー史に名を残すスター選手である。
アルゼンチン・リーグ史上最年少でプロデビューし、ボカ・ジュニアーズを経て欧州に渡った。
FCバルセロナではさまざまな問題に悩まされたが、SSCナポリではセリエA優勝2回、UEFAカップ優勝1回の立役者となり、「ナポリの王様」としてファンに愛された。
セビージャFC、ニューウェルズ・オールドボーイズ、ボカ・ジュニアーズでの在籍は短期間に終わり、1997年に現役引退した。
引退から時間が経った現在でも彼の信奉者はファン、選手、サッカー関係者を通じて多く特にアルゼンチンでは彼を「神の子」と崇拝する宗教が生まれ、ナポリでは旧市街に彼を讃える祭壇が設けられているほどである。

■ 映像作品

■ 関連書籍

 Diego Armando Maradona アルゼンチンの産んだ不世出の天才サッカー・プレイヤー。多くのスーパープレイとタイトル獲得でファンを熱狂させた。一方、私生活で様々なスキャンダルに巻き込まれることでも話題に事欠かない。アルゼンチン国民は彼を熱烈に慕っている。 1960年10月30日、ブエノスアイレス州ラヌスに生まれる。15歳でアルヘンティノス・ジュニオールズでトップチームデビュー。類い希なる才能をベースに、アイディアあふれるプレイで周囲の大人を圧倒する。16歳4ヶ月でアルゼンチン代表にデビュー。残念ながら若すぎたため自国開催のW杯には直前でメンバーをはずれた。だが、1979年ユース代表のキャプテンとしてワールドユースで優勝、自身はMVPに輝いた。1982年のW杯では若さを露呈してブラジル戦で退場処分を受け、チームも2次リーグで敗退することになった。 1986年のメキシコ大会はマラドーナの大会となった。世界最高のプレイヤーとして絶賛された。イングランド戦での「神の手」とその直後の五人抜きはともにサッカー史残るプレイだった。ベルギーとの準決勝では2ゴールを決め、西ドイツとの決勝ですべてのゴールをお膳立てするという活躍を見せた。 一方クラブでは、アルヘンティノスからボカ・ジュニオールズへ移籍。ほんのわずかの間の在籍だったが、ボケンセのハートを一気につかみ、現在でもボカのホームスタジアム・ボンボネラにはマラドーナのためのVIPルームがある。そして惜しまれながらヨーロッパに渡るが、スペインはFCバルセロナではサポーターの支持を得られなかった。しかし、84年イタリアに渡り、1986-1987シー …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • サッカー
  • ナポリ
  • 選手
  • アルゼンチン
  • アルフレッド
  • クライフ
  • ジュニアーズ
  • ジーコ
  • ステファノ
  • セビージャ
  • セリエ
  • ディ
  • バルセロナ
  • フォワード
  • フランツ
  • ブエノスアイレス
  • ベッケンバウアー
  • ペレ
  • ボカ
  • ミッドフィールダー
  • ヨハン
  • ラヌース
  • リーグ
  • 優勝
  • さまざま
  • ウェルズ
  • オールド
  • カップ
  • スター
  • ディビシオン
  • ニュー
  • ファン
  • プリメーラ
  • プロ
  • プロデビュー
  • ボー
  • ポジション
  • ヨーロッパ
  • 出身
  • 史上
  • 問題
  • 年少
  • 指導者
  • 時代
  • 欧州
  • 王様
  • 現役
  • 立役者