誕生日データベース

ジョン・ロックJohn Locke

哲学者[イギリス]

1632年 8月29日

1704年 10月28日 死去享年73歳
ジョン・ロック - ウィキペディアより引用

ジョン・ロック(John Locke、1632年8月29日 - 1704年10月28日)は、イギリスの哲学者。
哲学者としては、イギリス経験論の父と呼ばれ、主著『人間悟性論』(『人間知性論』)において経験論的認識論を体系化した。
また、政治哲学者としての側面も非常に有名である。
『統治二論』などにおける彼の自由主義的な政治思想は名誉革命を理論的に正当化するものとなり、その中で示された社会契約や抵抗権についての考えはアメリカ独立宣言、フランス人権宣言に大きな影響を与えた。
ロックの著作の大部分は1687年から1693年の間に刊行されているが、明晰と精密、率直と的確がその特徴とされており、哲学においては、イギリス経験論の父であるだけでなく、政治学、法学においても、自然権論、社会契約の形成に、経済学においても、古典派経済学の形成に多大な影響力を与えた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

John Locke イギリスの哲学者(1632-1704) 著書 『人間知性論』 『市民政府二論』  「政府の支配権の委任は、人民の財産権や幸福の保障を前提にするものであって、それが阻害された場合には人民は委任した権利の返還や支配者の交替を要求できる。」とした 『寛容についての書簡』(1685)  宗教抗争が激化した17世紀、異なる宗派同士が共存できる社会のあり方を求めて、政教分離原則を統治機構のシステムに組み込む思想を展開した。すでにロックの市民政府論の構想に確信を得た、成熟期になってからの文書。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 政治
  • 概要
  • 宣言
  • 人間
  • 哲学
  • 経験
  • アメリカ
  • フランス
  • 主義
  • 人権
  • 名誉
  • 契約
  • 思想
  • 悟性
  • 抵抗権
  • 法学
  • 独立
  • 生涯
  • 社会
  • 経済
  • 統治
  • 自由
  • 著作
  • 認識
  • 関連
  • 革命
  • イギリス
  • 主著
  • 体系
  • 側面
  • 哲学者
  • 影響
  • 有名
  • 正当化
  • 知性
  • 論的