生年月日データベース

マツコ・デラックス

タレント[日本]

1972年 10月26日 生 (満45歳)

マツコ・デラックス - タレント

マツコ・デラックス(1972年10月26日 - )は、日本の女装コラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者。
千葉県千葉市出身。
所属事務所はナチュラルエイト。
文筆業 1972年10月26日、千葉県千葉市生まれ。
子供時代から自身が男性同性愛者(ゲイ)である事を自覚しており、幼なじみの従兄弟に性的な魅力を感じた経験を告白している。
因みに漫才師シンデレラエキスプレスの松井成行とは従兄弟にあたり、しかも唯一の男性であるため自身の事かも知れないと語っている。
高校ではSMAPの木村拓哉と同級生だったが、お互いに面識はなかった。
卒業後は美容師の資格を得て働いていたが、「何か違う」と感じていた時にアクティビストな同性愛者の姿を見て奮起し、『薔薇族』『SAMSON』『G-men』に並ぶゲイ雑誌『Badi 』の編集部に転職し、同誌の記者・編集者などを務めた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

日本の女装タレント、コラムニスト、エッセイスト。1972年10月26日、千葉県生まれ。体重140キロ(120キロに減量したという説もある)、スリーサイズ140センチ(本人談)という見た目のインパクトと、物事の本質に鋭く切り込む物言いなどで人気を得ている。 小学校時代から“ぽっちゃり体型”で、男性が恋愛対象であることを意識していたという。高校卒業後、美容学校を経て、ゲイ雑誌「Badi」(バディ、技術と人間社)の編集者となる。5年ほど勤務して退社し、実家へ戻って約2年間、引きこもり状態の生活を続けていた。だが、「Badi」を読んでマツコの存在を知った小説家・エッセイストの中村うさぎから対談相手として抜擢(ばってき)され、コラムニストとなる。 テレビ初出演は、バラエティ番組「ワンナイR&R」(フジテレビ系列)の前身番組である「エブナイ」だと言われている。初めてのレギュラー番組は2005年の情報番組「5時に夢中!」(TOKYOMX)で、15年4月現在もコメンテーターを続けている。世間の話題などについて、ただ批判するだけでなく、自分が良いと感じたところは率直にほめる、といった姿勢が信頼と好感を得て、15年4月現在、9本のテレビのレギュラー番組と、多くのCMに出演している。 女装については、小学3年ごろから、母親の口紅を塗るなどしていたが、資生堂の企業文化誌を見て、服飾やメイクへの関心が高まり、高校3年ごろから完全に女装するようになった。以前は「女装は自分の性癖であり、趣味」だったが、仕事で女装するようになってからは、プライベートで女装しようと思わなくなったという。 差別や偏見に対する関心が強く、日本財団が14 …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 千葉市
  • インタビュー
  • エイト
  • エピソード
  • クイーン
  • タレント
  • テレビ
  • ドラァグ
  • ナチュラル
  • ラジオ
  • 事務所
  • 共著
  • 千葉県
  • 単著
  • 受賞歴
  • 司会者
  • 嗜好
  • 女装
  • 掲載
  • 文筆
  • 書籍
  • 稲毛区
  • 趣味
  • 連載
  • 進出
  • 雑誌
  • エッセイスト
  • 出身
  • 所属
  • 芸能
  • 随筆家