誕生日データベース

エドムンド・ランドルフEdmund Jenings Randolph

政治家[アメリカ]

1753年 8月10日

1813年 9月12日 死去享年61歳
エドムンド・ランドルフ - ウィキペディアより引用

エドムンド・ジェニングス・ランドルフ(Edmund Jennings Randolph, 1753年8月10日 - 1813年9月12日)は、アメリカ合衆国の弁護士、第7代バージニア州知事、初代アメリカ合衆国司法長官、第2代アメリカ合衆国国務長官。
生涯 エドムンド・ランドルフはバージニア植民地ウィリアムズバーグのタゼウェル・ホールで生まれ、ウィリアム・アンド・メアリー大学で法律を学んだ。
大学卒業後彼は父親ジョン・ランドルフの法律事務所で弁護士を始めた。
1775年にアメリカ独立戦争が始まると、ランドルフ家の多くはイギリスに帰国したが、エドムンドはジョージ・ワシントン将軍の副官として大陸軍に加わった。
おじのペイトン・ランドルフの死に際して、土地の指定遺言執行者に指名された彼はバージニアへ行った。
同地で彼は州憲法制定会議への代表に選ばれた。
その後ウィリアムズバーグの市長、そして次に新しい州政府で初代州司法長官を務めた。
ランドルフは1779年に大陸会議への代表として選ばれ、1782まで同職を務めた。

連想語句
  • アメリカ
  • ランドルフ
  • バージニア
  • 代表
  • 司法
  • 合衆国
  • ジョージ
  • ワシントン
  • 会議
  • 大学
  • 生涯
  • 知事
  • 長官
  • アンド
  • イギリス
  • ウィリアム
  • ウィリアムズバーグ
  • エドムンド
  • バージニア州
  • プラン
  • メアリー
  • ヴァージニア
  • 初代
  • 制定
  • 問題
  • 国務長官
  • 憲法
  • 戦争
  • 植民地
  • 法律
  • 独立
  • おじ
  • アナポリス
  • ジョン
  • タゼウェル
  • ペイトン
  • ホール
  • 事務所
  • 処理
  • 副官
  • 卒業
  • 協定
  • 同地
  • 同年
  • 同職
  • 土地
  • 執行者
  • 多く
  • 多数
  • 大陸
  • 奴隷
  • 将軍
  • 導入
  • 州政府
  • 市長
  • 帰国
  • 弁護士
  • 指名
  • 指定
  • 期間
  • 父親
  • 輸入
  • 遺言
  • 陸軍