生年月日データベース

篠原三代平しのはらみよへい

経済学者[日本]

1919年 10月26日

篠原 三代平(しのはら みよへい、1919年10月26日 - 2012年12月7日)は日本の経済学者。
一橋大学名誉教授。
文化勲章受章、日本学士院賞受賞。
富山県高岡市末広町に雑貨商の家に長男として生まれた。
父は雑貨店篠原商店を経営し、母は明治の女性としては珍しく女学校を銀時計を受領し卒業し、篠原商店の経営を助けた。
高商卒業後に入学した高岡高等商業学校では、大熊信行の講義を、大熊の著書『マルクスのロビンソン物語』や『経済本質論』を読み返しながら、熱心に聴講し、大きな影響を受けた。
大熊との交流は篠原が学者となったのちも続き、夏休みには、篠原及び大熊及び、高岡高商と一橋の先輩である板垣與一の3人で軽井沢に行くのが恒例となっていた。
高商卒業後は、東京商科大学(現一橋大学)で中山伊知郎門下に入り、経済学を学ぶが、1941年から学徒出陣、不整脈のため幹部候補生試験には不合格となり、主計伍長として富山、鹿児島で従軍。

■ 関連書籍

しのはらみよへい [生]1919.10.26.富山[没]2012.12.7.東京経済学者。景気循環論の国内第一人者。1940年高岡高等商業学校を卒業後,東京商科大学に入り,一般均衡論を唱えた中山伊知郎に師事。1950年から1970年まで一橋大学経済研究所で研究活動。その後,経済企画庁経済研究所所長につき,国民経済統計の整備に尽力。既存の理論にとらわれず,統計データから新たな事実を発見する実証研究を重視。在庫や設備投資が一定の周期で循環連動することを指摘したほか,大企業と中小企業の賃金格差を資本の集約度の差で説明した「資本集中仮説」を提起した。アジア経済研究所(→日本貿易振興機構)所長,成蹊大学教授,東京国際大学教授も務めた。著書『日本経済の成長と循環』(1961)などで1988年日本学士院賞を受賞。1998年文化功労者。2006年に文化勲章を受章した。 (引用元 コトバンク)

「篠原三代平」と関連する人物

連想語句
  • 一橋大学
  • 共編
  • 共著
  • 卒業
  • 単著
  • 商店
  • 商業
  • 大熊信行
  • 女学校
  • 学士院
  • 学校
  • 富山県
  • 文化勲章
  • 日本
  • 篠原
  • 経営
  • 編著
  • 著書
  • 訳書
  • 論文
  • 銀時計
  • 高岡
  • 高岡市
  • 高等
  • 入学
  • 受章
  • 受賞
  • 受領
  • 名誉教授
  • 女性
  • 明治
  • 末広町
  • 長男
  • 雑貨
  • 雑貨店
  • 高商