誕生日データベース

芹沢長介せりざわちょうすけ

考古学者[日本]

1919年 10月21日

芹沢 長介(せりざわ ちょうすけ、1919年10月21日 - 2006年3月16日)は日本の考古学者。
東北大学名誉教授、東北福祉大学名誉教授。
日本の旧石器時代、縄文時代研究の第一人者。
日本各地の旧石器時代遺跡を調査し、旧石器時代の編年研究を行った。
静岡県静岡市出身。
父は人間国宝で染色家の芹沢銈介。
1989年からは東北福祉大学内の芹沢銈介美術工芸館(仙台市青葉区)館長を死去するまで務めた。
1954年、ローム層中に土器が含まれていないことに注目して、この文化を「無土器文化」と名付けた。
明治大学専門部地理歴史学科卒業。
明治大学大学院修了。
同大教授の杉原荘介と対立し、1963年、東北大学へ赴任し、助教授、1971年、教授。
1961年、岩宿遺跡の発見から11年が過ぎ、否定的な見解を採る学者がほとんど影をひそめ、沈黙するに至った、と勝利宣言をした1984年、東北福祉大学教授、のちに名誉教授。
2006年3月16日、胸部大動脈瘤破裂のため仙台市の病院で死去、享年86。
専門分野 旧石器時代史 もとの研究分野は縄文時代だったが、彼は放射性炭素年代測定の結果によって日本列島に相当古くから人間がいた可能性を指摘し、議論を起こしつつあった。

■ 関連書籍

「芹沢長介」と関連する人物

連想語句
  • 旧石器時代
  • 日本
  • 文化
  • 前期
  • 後期
  • 東北大学
  • 調査
  • 遺跡
  • 出典
  • 分野
  • 名誉教授
  • 専門
  • 晩期
  • 東北福祉大学
  • 概要
  • 注釈
  • 発掘
  • 発見
  • 確信
  • 縄文
  • 縄文時代
  • 著書
  • 農耕
  • これ
  • そうず
  • だい
  • わが国
  • アジア
  • スケール
  • リード
  • 一生
  • 人類
  • 全体
  • 列島
  • 助教授
  • 地域
  • 大分県
  • 学会
  • 居住
  • 岩宿
  • 戦前
  • 早水
  • 星野
  • 栃木県
  • 極東
  • 疑問視
  • 着任
  • 研究所
  • 移行
  • 第一人者
  • 群馬県
  • 解明
  • 証拠
  • 関連性