生年月日データベース

テオドール・フォンターネTheodor Fontane

作家[ドイツ]

1819年 12月30日

テオドール・フォンターネ - ウィキペディアより引用

ハインリヒ・テオドール・フォンターネ(Theodor Fontane, 1819年12月30日 ノイルッピン Neuruppin(現在ブランデンブルク州) - 1898年9月20日 ベルリン)は、ドイツの作家(小説、詩)であり薬剤師。
彼はドイツの詩的リアリズムを代表するもっとも重要な作家と見なされている。
生涯 テオドール・フォンターネは、ユグノーの末裔の薬剤師ルイ・アンリ・フォンターネの息子として1819年12月30日ノイルッピンに生まれ、翌1820年1月27日に洗礼を受けた。
彼の祖父はピエール・バルテルミー・フォターネといい、画家のかたわら音楽教師をしていたが、のちにプロイセン王妃ルイーゼの秘書官になった人物である。
祖父がこの地位を得たのは、王妃がイエナ・アウエルシュタットの戦いに敗北してケーニヒスベルクに逃れた後のことで、ピエール・バルテルミー・フォターネは1806年にシェーンハウゼン城の城代(Kastellan)になった。

■ 関連書籍

「テオドール・フォンターネ」と関連する人物

連想語句
  • 作品
  • 生涯
  • ドイツ
  • 薬剤
  • バラッド
  • フォンターネ
  • ベルリン
  • ユグノー
  • 小説
  • 散文
  • 日本語訳
  • 洗礼
  • 短編
  • 長編小説
  • かたわら
  • アンリ
  • テオドール
  • ノイルッピン
  • バルテルミー
  • ピエール
  • フォターネ
  • リアリズム
  • ルイ
  • 主義
  • 代表
  • 作家
  • 写実
  • 小説家
  • 息子
  • 教師
  • 末裔
  • 画家
  • 祖父
  • 著作家
  • 詩人
  • 重要
  • 音楽