誕生日データベース

エミール・ギレリスEmil Grigoryevich Gilels

ピアニスト[ソ連]

1916年 10月19日

エミール・ギレリス - ウィキペディアより引用

エミール・グリゴリエヴィチ・ギレリス(ロシア語: Э́миль Григо́рьевич Ги́лельс、ラテン文字転写例: Emil Grigoryevich Gilels、1916年10月19日(ユリウス暦では10月6日) - 1985年10月14日)は、ソビエト連邦・ロシアのピアニスト。
20世紀を代表する世界的奏者の一人である。
西側で自由に活動することをソ連政府から許された最初の芸術家だった。
ロシアの自宅では、アップライトピアノで練習していたといわれている。
日本にも何度か来訪した。
妹のエリザヴェータはレオニード・コーガンの妻。
また、娘のエレーナもピアニストで、父娘で4手ピアノ(連弾や2台ピアノ)デュオの録音を多く残している。
「鋼鉄のタッチのピアニスト」と呼ばれた。
苗字はHilelsとラテン文字転写される場合がある。
ウクライナ・オデッサのユダヤ人の家庭に生まれる。
両親は共に音楽家。
6歳でピアノを始める。
1929年に13歳でデビュー。
1930年にオデッサ音楽院へ入学、ベルタ・レイングバルドから薫陶を受ける。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

Emil Gilels(1916-1985) ピアニスト。 ウクライナ・オデッサ出身。 (引用元 Hatena Keyword)

「エミール・ギレリス」と関連する人物

連想語句
  • オデッサ
  • 音楽院
  • ウクライナ
  • ゲンリフ
  • ソビエト
  • ネイガウス
  • ピアニスト
  • ピアノ
  • ベルタ
  • モスクワ
  • ユダヤ人
  • レイングバルド
  • レパートリー
  • ロシア
  • 受賞歴
  • 家族
  • 連邦
  • コンクール
  • ソ連
  • デビュー
  • ユリウス
  • ラテン
  • 一人
  • 両親
  • 代表
  • 以後
  • 優勝
  • 入学
  • 卒業
  • 場合
  • 奏者
  • 家庭
  • 師事
  • 文字
  • 苗字
  • 薫陶
  • 転写
  • 転居
  • 音楽家