生年月日データベース

萩本欽一はぎもときんいち

タレントコメディアン・元 コント55号[日本]

1941年 5月7日 生 (満77歳)

萩本 欽一(はぎもと きんいち、1941年5月7日 - )は、日本のコメディアン、タレント、司会者、ラジオパーソナリティー、演出家である。
日本野球連盟茨城ゴールデンゴールズの初代監督でもある。
東京都台東区出身。
浅井企画、佐藤企画(業務提携として所属)、萩本企画(個人事務所だが浅井企画の関連会社)所属。
身長164cm、体重65kg。
血液型はA型。
駒込高等学校卒業。
2015年4月より駒澤大学仏教学部に在学している。
大衆からはもとより、芸能界でも先輩・後輩問わず「欽ちゃん」の愛称で呼ばれる。
その他の愛称は「萩モー」「萩」「欽坊」「欽様」など。
また、彼の番組や舞台から育った欽ちゃんファミリーや明石家さんまからは「大将」と呼ばれている(ビートたけしが弟子たちに「殿」と呼ばせているのは、萩本と周囲のこうした関係性への憧憬や敬意によるところが大きい)。
ゴールデンゴールズの選手からは「欽督(きんとく)」と呼ばれている。
1970年代〜1980年代に、「なんでそーなるの!」というギャグや、「欽ちゃん走り」と言われる独特の走り方(原点は師匠の東八郎)など体を使った笑い、さらに素人および素人っぽさを残す才能を開花させたり番組でユニットを作り曲を出すなど現在のバラエティの基本となるものを開発。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

コメディアン、タレント。「欽ちゃん」「大将」と呼ばれている。 社会人野球のクラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ」の監督。選手からは「欽督(きんとく)」と呼ばれる。2010年岩本勉らの「ガンちゃん球団」とのエキシビジョンマッチを最後に監督を引退。後任に、遊撃手の片岡安祐美を指名。 坂上二郎とのコンビ「コント55号」で一世を風靡。「コント55号の裏番組をぶっとばせ!」「コント55号のなんでそうなるの?」等で人気を博した後、ソロ活動として数々のバラエティ番組の司会を務める。ラジオ番組「欽ちゃんのドンといってみよう!!」を皮切りに、「欽ちゃんのドンとやってみよう!(通称「欽ドン」)」、「欽ちゃんのどこまでやるの!?(通称「欽どこ)」、「欽ちゃんの週刊欽曜日」などの高視聴率番組を生み出すも、1985年に休養のため全ての番組を降板。 その後テレビに復帰、一時期の勢いはないものの活動を続けている。 1941年5月7日(昭和16年)生まれ.東京都江東区出身,A型,浅井企画所属 身長:165cm 体重:65kg BWH(cm):92,84,94 足のサイズ:25cm 日本コカ・コーラ「ジョージア」のCMで、舘ひろし・ウルトラセブンと共演中。 (麻雀編で、ウルトラセブンに振り込んでしまうのは見もの) (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • コント
  • 休養
  • 番組
  • 浅井企画
  • ゴールデンゴールズ
  • ラジオ
  • 仏教
  • 企画
  • 佐藤
  • 台東区
  • 学校
  • 学部
  • 所属
  • 日本
  • 本企画
  • 東京都
  • 概要
  • 演出家
  • 茨城
  • 視聴率
  • 連盟
  • 野球
  • 降板
  • 駒澤大学
  • 駒込
  • 高等
  • パーソナリティ
  • パーソナリティー
  • 事務所
  • 個人
  • 出身
  • 初代
  • 卒業
  • 司会
  • 司会者
  • 在学
  • 提携
  • 業務
  • 監督
  • 関連