生年月日データベース

趙紫陽Zhao Ziyang

政治家首相[中国]

1919年 10月17日

2005年 1月17日 死去享年87歳
趙紫陽 - ウィキペディアより引用

趙 紫陽(ちょう しよう、ヂャオ・ズーヤン、1919年10月17日 - 2005年1月17日)は中華人民共和国の政治家。
「第2世代」の政治指導者として中国共産党中央委員会副主席、国務院総理(首相)、中国共産党中央委員会総書記などを歴任。
1989年の天安門事件で失脚し、2005年に死去するまで軟禁生活を余儀なくされた。
生涯 共産党入党から最初の失脚まで 現在の河南省滑県桑村郷趙庄に生まれ育った。
中国国民党率いる中華民国政府が中国大陸を統治していた1932年に、中国国民党と対立していた中国共産主義青年団に加入。
日中戦争最中の1938年2月、中国共産党に入党した。
国共内戦終結後の1949年の中華人民共和国成立後、広東省党委員会第三書記などを歴任。
大躍進などの失敗で、香港に逃げ込んだ人民に対し「自分たちが彼らを食べさせられないのだから仕方ない」と発言し、英国政府に送還された彼らを厳しく責めることはしなかった。

■ 関連書籍

ちょうしようZhaoZi-yang [生]1919.河南,滑[没]2005.1.17.北京中国の政治家。大地主の家に生まれ,1932年中国共産主義青年団に入団,1938年中国共産党入党。抗日戦争中,河北,山東,河南の抗日拠点で党委員会書記を務めた。解放後,1951年広東省で土地改革を指導,1953年華南分局農村工作部長,1965年広東省党委員会第1書記。文化大革命中の1967年1月「中国のフルシチョフ(劉少奇)の代理人」と批判され,失脚。1971年内モンゴル自治区党委員会書記として復活,1975年四川省党委員会第1書記として同省の経済改革に大きな成果を上げ,農業生産を毎年10%前後高めた。1973年以来,党中央委員,「四人組」失脚後の1977年党政治局委員候補,1979年9月政治局委員,1980年2月政治局常務委員と党指導部の要職を歴任した。さらに1980年4月国務院副総理(副首相),9月華国鋒に代わって中国の第3代国務院総理(首相)に就任。同職務を1987年11月まで務めた。経済改革,機構改革などで改革と開放政策を積極的に推進,鄧小平体制を支える主要な指導者の一人となった。1987年10月党中央委員会総書記,党中央軍事委員会第1副主席に選出され,政治改革,沿海地域発展戦略,社会主義初級段階の理論,社会主義商品経済新秩序建設などを打ち出した。1989年6月民主化運動の責任を問われ(→天安門事件),すべての職務を解かれ党内審査の処分を受けた。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 中央
  • 共産党
  • 失脚
  • 中国
  • 事件
  • 天安門
  • 委員会
  • 就任
  • 書記
  • 生涯
  • 死去
  • 生活
  • 軟禁
  • 首相
  • 主席
  • 入党
  • 国務院
  • 政策
  • 最初
  • 栄転
  • 民主化
  • 総理
  • 関連
  • 六四
  • 指導者
  • 政治
  • 歴任