生年月日データベース

大山のぶ代おおやまのぶよ

声優女優歌手タレント[日本]

1936年 10月16日 生 (満81歳)

大山 のぶ代(おおやま のぶよ、1933年10月16日 - )は、日本の女優、声優、歌手、タレントである。
本名、山下 羨代(やました のぶよ)。
旧姓、大山。
テレビ朝日版『ドラえもん』で、ドラえもん役を26年担当。
アクターズ・セブン所属。
夫はタレントで『おかあさんといっしょ』初代「体操のお兄さん」の砂川啓介。
東京府東京市渋谷区(現在の東京都渋谷区)出身。
血液型はO型。
戦時中は母方の実家がある宮城県古川市(現:大崎市)で過ごしていた。
渋谷区立広尾中学校、東京都立三田高等学校卒業。
高等学校2年生の時に子宮がんで母を亡くしている。
1956年、NHKドラマ『この鐘』で俳優座養成所の同期の冨士眞奈美と共にデビュー。
当時から冨士とはとても仲が良く、冨士が大山のアパートに転がり込んで4年半ほど一緒に同居していた。
声優業では、かつては『ハリスの旋風』の石田国松、『無敵超人ザンボット3』の神勝平のように、ハスキー声でやんちゃな喋り方をする演技が特徴であった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

女優。声優。脚本家。本名は山下羨代。 1936年10月16日生まれ。東京都出身。 劇団俳優座を経て、現在アクターズ・セブンに所属。 夫はタレントの砂川啓介。 言わずと知れた「ぼくドラえもん」 劇団俳優座養成所在学中にNHKドラマ『この瞳』でデビュー。その後は、『破れ傘刀舟 悪人狩り』『剣』などの時代劇作品や、向田邦子原作ドラマに出演をする傍ら、声優としての活動も開始。『ハリスの旋風』『黄金バット』『サザエさん(初代カツオ役)』に出演し、演技の幅を広げていく。 1979年に放送が開始された『ドラえもん』のドラえもん役で人気爆発。その人気は、今や日本だけに留まらず、アジアを中心に世界的な人気を得ており、その個性的な声は世界の人々に知られるようになった。なお、2005年、26年間続けていた代表作『ドラえもん』のドラえもん役を降板した。(二代目は水田わさび) また、美味しい水へのこだわりも強く、「おいしい水研究会」「水を語る女性の会」の委員を務めていたこともある。実は脚本家として「太陽にほえろ!」などの脚本を執筆したこともある。 「トリビアの泉」では、彼女のアルカノイド全面クリアの様子が放送され、アルカノイド名人ぶりを見せ付けた。営業で全国を回っているうちに、ゲームセンターや空港に立ち寄ることもあり、アルカノイドが好きになったとのこと。アルカノイド以外にも、中居正広のブラックバラエティで、旧式のブロック崩しゲームをうまくプレイするなど、ブロック崩しに限れば、玄人はだしのレベルである。 女優としての活動も活発であったが、近年はアニメ(ドラえ …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ドラえもん
  • 趣味
  • タレント
  • 大山
  • おかあさんといっしょ
  • アルカノイド
  • エッセイスト
  • エピソード
  • テレビ朝日
  • プライベート
  • 人物像
  • 仕事
  • 他人
  • 嗜好
  • 姿勢
  • 後任
  • 砂川啓介
  • 脚本家
  • 評価
  • お兄さん
  • のぶよ
  • やました
  • アクターズ
  • アニメ
  • キャラクター
  • セブン
  • テレビ
  • 体操
  • 俳優
  • 出演
  • 初代
  • 山下
  • 所属
  • 担当
  • 旧姓
  • 本名
  • 顔出し