生年月日データベース

中谷一郎なかたにいちろう

俳優[日本]

1930年 10月15日

2004年 4月1日 死去咽頭がん享年75歳

中谷 一郎(なかたに いちろう、1930年10月15日 - 2004年4月1日)は、日本の俳優。
本名、中村正昭。
北海道札幌市出身。
妻は俳優座の女優・美苗。
来歴・人物 北海道札幌南高等学校卒業。
早稲田大学文学部仏文学科を中退。
1952年に俳優座に第4期生として入団。
同期には仲代達矢・宇津井健・佐藤慶・佐藤允らがいる。
なお、このうち佐藤允、仲代、中谷の3人は、後年岡本喜八監督作品の常連として喜八一家と呼ばれるようになり(中谷は助演ばかりだが本数は一番多い)、佐藤慶も二本の岡本作品に出演している。
舞台のみならず、映画・テレビで存在感のある脇役として活躍した。
1959年、岡本喜八監督による映画『独立愚連隊』で、独立愚連隊の異名を取る日本軍はぐれ者部隊の隊長に扮して、注目を集める。
以後、岡本作品の常連となり、『顔役暁に死す』『戦国野郎』『ああ爆弾』などでは準主役的な役どころで度々起用された。
また私生活では、岡本監督の敷地にある別棟に長年下宿していたほどで、岡本とその家族との絆は後年まで強いものがあった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

俳優。早稲田大学中退。本名:中村正昭 1930年10月15日生まれ。北海道出身。 故人。 妻は女優の中谷美苗?。 水戸黄門の「風車の弥七」で有名。俳優座の重鎮として、テレビ、舞台を中心に活動した名優の一人。 1955年、早稲田大学を中退し劇団・俳優座に入団。『独立愚連隊(岡本喜八監督)』の石井軍曹役で注目を浴びる。その後は東野英治郎、加藤剛らとともに俳優座の実力ある役者として舞台などで活躍する。 ヘビースモーカーとしても有名。1973年スタートの必殺シリーズ第3弾『助け人走る』に出演した際には、自身が演じた「辻平内」がヘビースモーカーという設定であることから、役に入りながらも嬉々として大好きな煙草を吸っている様子が窺える。 1969年『水戸黄門』がスタート。第1部より出演しており、その後数十年間演じ続けてきた弥七役はまさにライフワークと言っても過言ではなかったが、体調不良が原因により、第27部で降板。闘病生活を送り続けていた。 2004年4月1日午前9時42分、咽頭癌のため都内の病院で死去。享年73歳。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 北海道
  • エピソード
  • テレビドラマ
  • 人形劇
  • 俳優座
  • 出典
  • 南高
  • 学校
  • 後任
  • 文学部
  • 早稲田大学
  • 映画
  • 札幌
  • 札幌市
  • 注釈
  • 美苗
  • 中退
  • 仏文学
  • 作品
  • 出演
  • 出演作
  • 出身
  • 劇団
  • 卒業
  • 女優