誕生日データベース

ロバート・ブラウニングRobert Browning

詩人[イギリス]

1812年 5月7日

1889年 12月12日 死去享年77歳
ロバート・ブラウニングの名言
私の太陽は、再び昇るために沈む。
My sun sets to rise again.
ロバート・ブラウニング - ウィキペディアより引用

ロバート・ブラウニング(Robert Browning, 1812年5月7日 - 1889年12月12日)は、イギリスの詩人。
エリザベス・ブラウニングの夫であり、彫刻家ロバート・バレット・ブラウニングの父。
ロンドン郊外の裕福な家庭に生まれ、蔵書家の父と音楽家の母の薫陶を受け、当時の上流階級の慣習から正規の学校教育を受ける機会はわずかであった。
12歳で詩集を作り、14歳でギリシア語・ラテン語をマスターし、古典を耽読した。
21歳から詩や戯曲を発表したが、あまりにも難解だった。
1846年、34歳のとき6歳年上の女性詩人エリザベス・バレットと結婚するも、岳父の反対によってフィレンツェに移住する。
愛妻の死後にロンドンに戻る。
55歳のとき、17世紀ローマで起きた現実の殺人事件をめぐって、10人の異なる証言で構成した壮大な物語詩『指輪と本』を発表、ようやく当代一流の詩人と認められるに至った。
晩年にヨーロッパを渡り歩いた末にイタリアに戻り、最後の詩集が刊行された日にヴェネツィアで客死。
ウェストミンスター寺院南翼廊の、アルフレッド・テニスンの隣に埋葬されている。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

「ロバート・ブラウニング」と関連する人物

連想語句
  • バレット
  • エリザベス
  • ブラウニング
  • ロンドン
  • とき
  • アルフレッド
  • ウェストミンスター
  • テニスン
  • フィレンツェ
  • ロバート
  • ヴェネツィア
  • 寺院
  • 彫刻家
  • 日本
  • 発表
  • 評価
  • 詩人
  • 詩集
  • '
  • すべて
  • そら
  • わずか
  • イタリア
  • ギリシア語
  • ピッパ
  • マスター
  • ヨーロッパ
  • ラテン語
  • ローマ
  • 一流
  • 一節
  • 上流
  • 事件
  • 代表作
  • 刊行
  • 劇詩
  • 反対
  • 古典
  • 埋葬
  • 壮大
  • 女性
  • 学校
  • 客死
  • 家庭
  • 岳父
  • 年上
  • 当代
  • 当時
  • 愛妻
  • 慣習
  • 戯曲
  • 指輪
  • 教育
  • 晩年
  • 最後
  • 構成
  • 機会
  • 正規
  • 死後
  • 殺人
  • 物語
  • 現実
  • 移住
  • 結婚
  • 翼廊
  • 耽読
  • 蔵書家
  • 薫陶
  • 裕福
  • 証言
  • 郊外
  • 階級
  • 難解
  • 音楽家