生年月日データベース

南木佳士なぎけいし

作家医師[日本]

1951年 10月13日 生 (満66歳)

南木 佳士(なぎ けいし、本名:霜田 哲夫、1951年10月13日 - )は、日本の小説家、医師。
代表作は『ダイヤモンドダスト』『医学生』『阿弥陀堂だより』等、生と死をテーマにした作品が多い。
群馬県吾妻郡嬬恋村出身。
東京都立国立高等学校、秋田大学医学部卒業、佐久総合病院勤務。
1981年、「破水」で第53回文学界新人賞を受賞し小説家デビュー。
1982年、「重い陽光」で第87回芥川賞候補。
1983年、「活火山」で第88回芥川賞候補。
1985年、「木の家」で第92回芥川賞候補。
1986年、「エチオピアからの手紙」で第94回芥川賞候補。
1989年、「ダイヤモンドダスト」で第100回芥川賞受賞。
1990年-1996年、パニック障害で病棟責任者を辞任。
その後鬱病を発症。
2008年、『草すべり その他の短編』で泉鏡花文学賞受賞 2009年、『草すべり』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞 作品リスト 小説 『エチオピアからの手紙』文藝春秋、1986年 のち文庫  破水(『文學界』1981年12月号) 重い陽光(『文學界』1982年4月号) 活火山(『文學界』1982年10月号) 木の家(『文學界』1984年8月号) エチオピアからの手紙(『文學界』1985年12月号) 『ダイヤモンドダスト』文藝春秋、1989年 のち文庫  冬への順応 長い影 ワカサギを釣る ダイヤモンドダスト(『文學界』1988年9月号) 『落葉小僧』文藝春秋、1990年 のち文庫 (落葉小僧、フナを釣る、ニジマスを釣る、ハヤを釣る、ヤマメを釣る、金印) 『医学生』文藝春秋、1993 のち文庫  『山中静夫氏の尊厳死』文藝春秋、1993 のち文庫 (山中静夫氏の尊厳死、試みの堕落論) 『阿弥陀堂だより』1995年、文藝春秋、のち文庫 『冬物語』文藝春秋、1997 のち文庫 (川岸にて、空の青、赤い車、晩秋、タオルと銃弾、冬物語、ウサギ、急須、スイッ ……

■ 映像作品

■ 関連書籍

信州の総合病院の内科医であり作家。 医師の目をレンズにして、人それぞれの生と死を巡る物語を紡ぐ。 「阿弥陀堂だより」 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作品
  • 候補
  • 芥川賞
  • エッセイ
  • テレビ
  • リスト
  • 佐久
  • 共著
  • 出演
  • 医学部
  • 吾妻郡
  • 国立
  • 嬬恋村
  • 学校
  • 小説
  • 文学界
  • 新人
  • 東京
  • 病院
  • 秋田大学
  • 総合
  • 群馬県
  • 都立
  • 阿弥陀堂
  • 高等
  • うつ病
  • テーマ
  • デビュー
  • 出身
  • 勤務
  • 卒業
  • 受賞
  • 小説家
  • 活火山
  • 破水
  • 経験
  • 自身
  • 芥川龍之介
  • 陽光