生年月日データベース

井上靖いのうえやすし

作家[日本]

1907年 5月6日

1991年 1月29日 死去享年85歳
井上靖 - ウィキペディアより引用

井上 靖(いのうえ やすし、1907年(明治40年)5月6日 - 1991年(平成3年)1月29日)は、日本の小説家。
文化功労者、文化勲章受章。
年譜 1907年(明治40年)5月6日 - 北海道上川郡旭川町(現在の旭川市)に軍医・井上隼雄と八重の長男として生まれる。
井上家は静岡県伊豆湯ヶ島(現在の伊豆市)で代々続く医家である。
父・隼雄は現在の伊豆市門野原の旧家出身であり井上家の婿である。
1908年(明治41年) - 父が韓国に従軍したので母の郷里・静岡県伊豆湯ヶ島(現在の伊豆市湯ヶ島)へ戻る。
1912年(大正元年) - 両親と離れ湯ヶ島で戸籍上の祖母かのに育てられる。
1914年(大正3年) - 湯ヶ島尋常小学校(後の伊豆市立湯ヶ島小学校。
現在は閉校)に入学。
1920年(大正9年)2月 - 浜松尋常高等小学校(現在の浜松市立元城小学校)に編入学。
同年4月、静岡県浜松師範学校附属尋常高等小学校(現在の静岡大学教育学部附属浜松小学校)に入学。
なお入学前に浜松中学を受験するも落第。
1921年(大正10年) - 静岡県立浜松中学校(現在の静岡県立浜松北高等学校)に首席で入学。

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

小説家・詩人。北海道生、伊豆湯ヶ島で育つ。京大哲学科卒。在学中は同人誌に詩を発表し、各種懸賞小説に入選。卒業後、毎日新聞社に入社し、勤務の傍ら『闘牛』で芥川賞受賞。退職後は新聞小説作家として地位を確立する。主な著書に『猟銃』『氷壁』『天平の甍』『しろばんば』『敦煌』『楼蘭』等。日本芸術院会員・日本ペンクラブ会長・日中文化交流協会会長。文化勲章受章。平成3年(1991)歿、83才。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • テレビドラマ
  • 事項
  • 作品
  • 作風
  • 全集
  • 共著
  • 功労者
  • 受賞歴
  • 回想
  • 対談
  • 小説
  • 小説家
  • 年譜
  • 文化
  • 文化勲章
  • 映画
  • 現代
  • 短編
  • 童話
  • 紀行
  • 舞台
  • 著書
  • 親族
  • 詩集
  • 長編小説
  • 関係
  • 関係者
  • 関連
  • 随筆
  • 受章
  • 日本