生年月日データベース

棟方志功むなかたしこう

画家(画家)[日本]

1903年 9月5日

1975年 9月13日 死去享年73歳
棟方志功 - ウィキペディアより引用

■ 映像作品

■ 関連書籍

版画家。青森県生。洋画を独学し、帝展に入選するが、古川龍生・川上澄生の影響で木版画を志す。柳宗悦・河井寛次郎・浜田庄司ら日本民芸派の知遇を受けて制作上の転機をむかえ、宗教的主題の多くの傑作を生み出す。また文字自体を画面に導入し絵と文字を同次元の造型性に融合・統合させた独特の「板画」を確立。国際展最高賞・朝日文化賞受賞。文化功労者。文化勲章受章。昭和50年(1975)歿、72才。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 版画
  • 作品
  • 板画
  • ゆかり
  • 代表作
  • 伝記
  • 作風
  • 家族
  • 川上澄生
  • 巨匠
  • 施設
  • 版画家
  • 美術
  • 著書
  • 関連
  • 青森県
  • 一人
  • 一貫
  • 代表
  • 以降
  • 出身
  • 初夏
  • 感激
  • 日本
  • 昭和
  • 木版
  • 木版画
  • 決意
  • 画家