生年月日データベース

石橋蓮司いしばしれんじ

俳優[日本]

1941年 8月9日 生 (満77歳)

石橋 蓮司(いしばし れんじ、1941年8月9日 - )は、日本の俳優、演出家。
身長178cm。
血液型はAB型。
「劇団第七病棟」主宰。
特技は日本舞踊。
妻は緑魔子。
来歴・人物 東京府荏原郡(現在の東京都品川区)出身。
建具職人だった父と母が離婚し、母、姉、弟の四人と戸越の連れ込み旅館で育つ。
日本大学高等学校卒業、日本大学藝術学部映画学科中退。
中学生時代の1954年から劇団若草に所属し、映画『ふろたき大将』に主演でデビュー。
大学中退後の1965年、劇団青俳の養成所に入所。
1968年、共に青俳を脱退した劇作家の清水邦夫、演出家の蜷川幸雄、俳優の蟹江敬三、岡田英次、真山知子らと劇団現代人劇場を旗揚げする。
1971年に現代人劇場が解散した後、1972年に清水、蜷川、蟹江と劇結社「櫻社」を結成。
1974年に蜷川が商業演劇に活動の幅を広げたのを機に櫻社が解散した後は、1976年に緑魔子と劇団第七病棟を旗揚げする。
第七病棟の公演では、使われなくなった建物を劇場に改造して唐十郎や山崎哲の作品を上演し、その多くで自ら演出を手掛けている。

映像作品

関連書籍

音楽作品

いしばし-れんじ 1941-昭和後期-平成時代の俳優。昭和16年8月9日生まれ。昭和40年劇団青俳の養成所に入所。43年劇団現代人劇場の旗揚げに参加,51年妻の緑魔子らと劇団第七病棟を結成。57年「獣たちの熱い眠り」「魔性の夏四谷怪談より」で日本アカデミー賞優秀助演男優賞。61年「ビニールの城」でゴールデンアロー賞演劇賞。平成3年「浪人街」「われに撃つ用意あり」で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞,毎日映画コンクール男優助演賞などを受賞。23年「アウトレイジ」「今度は愛妻家」でブルーリボン賞助演男優賞。東京都出身。日大中退。 (引用元 コトバンク)