生年月日データベース

内川聖一うちかわせいいち

プロ野球選手[日本]

1982年 8月4日 生 (満36歳)

内川聖一 - ウィキペディアより引用

内川 聖一(うちかわ せいいち、1982年8月4日 - )は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(外野手、内野手)。
右打者の史上最高打率(.378)、首位打者獲得、歴代3位タイ(右打者としては1位タイ)となる7年連続年間打率3割などの記録の保持者。
2009年・2013年WBC日本代表。
プロ入り前 吉田豊彦とは子供の頃からの知り合いである。
大分工業高校時代は、骨に穴があく骨嚢腫により左かかとを3回に亘って手術しながらも、通算43本の本塁打を放った。
3年夏の高校野球大分予選には遊撃手として出場したが、チームは準優勝となり、甲子園には出場できなかった。
当時、大分工業高校の監督でもあった父親の内川一寛が法政大学出身だったため、内川も法政進学が確実視されていたが、ドラフト会議で横浜ベイスターズから1位指名を受けて入団。
広島東洋カープも指名予定だったが、当時足に故障を抱えていたため、内川はヘッドコーチの大下剛史主導による広島の猛練習に不安を感じていたとされ(NHK総合テレビ、2001年2月1日放送『にんげんドキュメント・村上孝雄 -いつか輝く原石を求めて-』でもそのシーンが放送された)、もし広島から1位指名された場合は拒否をして進学するとしていた。

関連書籍

うちかわ-せいいち 1982-平成時代のプロ野球選手。昭和57年8月4日生まれ。内野手・外野手,右投げ右打ち。平成13年横浜ベイスターズに入団(ドラフト1位)。20年セ・リーグ右打者の史上最高打率3割7分8厘をマークして首位打者となり,最多安打(189),最高出塁率(4割1分6厘)も獲得。21年WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の日本代表。22年FA(フリーエージェント)宣言して福岡ソフトバンクホークスに入団。23年3割3分8厘で首位打者となり,セ・パ両リーグでの首位打者となる。大分県出身。大分工高卒。 (引用元 コトバンク)