生年月日データベース

鎌田敏夫かまたとしお

脚本家[日本(朝鮮)]

1937年 8月1日 生 (満81歳)

鎌田 敏夫(かまた としお、1937年8月1日 - )は、日本の脚本家、小説家。
日本統治時代の朝鮮の京城府(現・大韓民国ソウル特別市)生まれで、徳島県育ち。
来歴・人物 徳島県立城東高等学校、早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。
大学卒業後、シナリオ作家協会の主催するシナリオ研究所(現在のシナリオ講座)で学び、井手俊郎に弟子入りする。
1967年、『でっかい青春』で脚本家デビュー。
以降、『飛び出せ!青春』『俺たちの旅』など、一連の“青春ドラマシリーズ”をメインライターとして支えた。
千葉真一主演でテレビドラマ『十字路』(1978年)と映画『戦国自衛隊』(1979年)の脚本を担い、映画は配給収入13億円5千万円のヒットを記録した。
1980年、角川映画のオリジナル脚本を自らノベライズした『ニッポン警視庁の恥といわれた二人組 刑事珍道中』で小説に進出。
誰に遠慮することもない自作脚本ということで地の文のギャグをのびのびと展開し、映画がシリーズ化されなかったにもかかわらず続編も執筆した。

映像作品

関連書籍

音楽作品

脚本家、作家、1937年生まれ、徳島県出身 「金曜日の妻たちへ」シリーズ、「男女7人」「29歳のクリスマス」などの脚本で知られる。 (引用元 Hatena Keyword)