生年月日データベース

長谷川堯はせがわたかし

建築史家[日本]

(俳優・長谷川博己は息子。)

1937年 6月16日

2019年 4月17日 死去がん享年83歳

長谷川 堯(はせがわ たかし, 1937年6月16日 - )は、日本の建築史家、建築評論家。
武蔵野美術大学名誉教授。
島根県松江市生まれ。
1960年早稲田大学第一文学部卒業。
1975年『都市廻廊』で毎日出版文化賞。
1977年武蔵野美術大学助教授、1979年『建築有情』でサントリー学芸賞受賞。
1986年日本建築学会賞受賞。
息子は俳優の長谷川博己。
著書 『神殿か獄舎か』 相模書房,1972/鹿島出版会:SD選書,2007 『建築-雌の視角』 相模書房,1973 『都市廻廊 あるいは建築の中世主義』 相模書房,1975/中公文庫,1985 『建築の現在』 鹿島出版会:SD選書,1975 『建築をめぐる回想と思索 対談集』 新建築社,1976 『洋館意匠』 鳳山社,1976 『建築有情』 中公新書, 1977 『洋館装飾』 鳳山社, 1977 『建築旅愁』 中公新書, 1979 『生きものの建築学』 平凡社,1981/講談社学術文庫,1992 『建築逍遥-W.モリスと彼の後継者たち』 平凡社,1990 『建築巡礼-ロンドン縦断 ナッシュとソーンが造った街』 丸善,1993 『日本ホテル館物語』 プレジデント社, 1994 『田園住宅 近代におけるカントリー・コテージの系譜』 学芸出版社, 1994 『建築の多感 長谷川堯建築家論考集』 鹿島出版会, 2008 『建築の出自 長谷川堯建築家論考集』 鹿島出版会, 2008 『村野藤吾の建築 昭和・戦前』 鹿島出版会, 2011 共著 建築光幻学 透光不透視の世界 黒川哲郎共著 鹿島出版会 1977 外部リンク 特集『神殿か獄舎か』長谷川堯イナックスリポート168号。

関連書籍

はせがわ-たかし 1937-昭和後期-平成時代の建築評論家。昭和12年6月16日生まれ。ル=コルビュジエらを論じた早大文学部の卒業論文を雑誌に連載し,評論家としてデビュー。昭和57年武蔵野美大教授となる。「建築有情」(54年サントリー学芸賞)など一連の日本近代建築史再考に関する評論活動で,61年建築学会賞。島根県出身。著作はほかに「都市廻廊」(50年毎日出版文化賞),「建築逍遥」など。 (引用元 コトバンク)

「長谷川堯」と関連する人物

連想語句
  • 建築
  • 著書
  • 武蔵野美術大学
  • サントリー
  • 俳優
  • 共著
  • 出版
  • 受賞
  • 名誉教授
  • 学会
  • 学芸
  • 島根県
  • 文化
  • 文学部
  • 日本
  • 早稲田大学
  • 村野藤吾
  • 松江市
  • 毎日
  • 長谷川博己
  • がん
  • 助教授
  • 卒業
  • 史家
  • 廻廊
  • 息子
  • 有情
  • 死去
  • 評論家
  • 都市