生年月日データベース

西川美和にしかわみわ

映画監督脚本家作家[日本]

1974年 7月8日 生 (満44歳)

西川 美和(にしかわ みわ、1974年7月8日 - )は、日本の映画監督、脚本家。
広島県広島市安佐南区出身。
浄土真宗(安芸門徒)の根強い地域に生まれ育つ。
しかし、中学・高校はカトリックのノートルダム清心中学校・高等学校に通う。
早稲田大学第一文学部美術史学専修卒業。
卒論の題名は「地獄絵の東西比較」だった。
学生時代より、映画製作を志し、映画制作会社などの就職面接を受けるも、ことごとく落ちるが、テレビマンユニオンの面接担当だった是枝裕和監督に意気込みを見出され、映画『ワンダフルライフ』にフリーのスタッフとして参加する。
以後、諏訪敦彦監督の『M/OTHER』など、様々な日本映画の現場で活動した。
2002年、自作脚本のブラックコメディ『蛇イチゴ』(主演:宮迫博之)で監督デビュー。
日本の典型的な家族の崩壊をシニカルに描いた同作は、第58回毎日映画コンクール・脚本賞のほか、その年の数々の国内映画賞の新人賞を受賞する。
製作は是枝裕和。
2003年、NHKハイビジョンスペシャルでは、ドキュメンタリーと架空のドラマを交差させた、異色のテレビ作品『いま裸にしたい男たち/宮迫が笑われなくなった日』を発表。

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

にしかわ-みわ 1974-平成時代の映画監督・脚本家,小説家。昭和49年7月8日生まれ。脚本・監督デビュー作「蛇イチゴ」で平成16年毎日映画コンクール脚本賞。19年2作目の「ゆれる」で毎日映画コンクール日本映画大賞,ブルーリボン賞監督賞,読売文学賞戯曲・シナリオ賞などを受賞。21年には小説「きのうの神さま」が直木賞候補となる。笑福亭鶴瓶主演の「ディア・ドクター」で21年報知映画賞監督賞,22年キネマ旬報ベスト・テン日本映画脚本賞,日本アカデミー賞最優秀脚本賞,芸術選奨新人賞。27年「永い言い訳」が直木賞候補。広島県出身。早大卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 映画
  • 関連
  • エッセイ
  • テレビドラマ
  • フィルモグラフィー
  • 安佐南区
  • 小説
  • 広島市
  • 広島県
  • 浄土真宗
  • 編著
  • 逸話
  • 中学
  • 出身
  • 地域
  • 安芸
  • 本願寺
  • 門徒
  • 高校