生年月日データベース

高橋晄正たかはしこうせい

医事評論家[日本]

1918年 6月20日 生 (満100歳)

■ 関連書籍

たかはし-こうせい 1918-2004昭和後期-平成時代の医学者,医事評論家。大正7年6月20日生まれ。東大講師を20年間つとめ,のち和光大,大阪市立大各講師。二重盲検法を導入した科学的薬効判定をとなえる。昭和45年「薬を監視する国民運動の会」を結成。保健薬の無効性,スモン,サリドマイドなどの薬害,食品公害を追及した。平成16年11月3日死去。86歳。秋田県出身。東京帝大卒。著作に「薬品食品公害の二○年」「新しい医学への道」など。 (引用元 コトバンク)

「高橋晄正」と関連する人物

連想語句
  • 昭和
  • 内科
  • 秋田
  • フィッシャー
  • ロナルド
  • 仙北市
  • 共著
  • 判別
  • 医学
  • 卒業
  • 博士
  • 増山元三郎
  • 推計
  • 東京大学
  • 物療
  • 県立
  • 翻訳
  • 著書
  • 西木村
  • 関数
  • 入局
  • 利用
  • 医学部
  • 増山
  • 大學
  • 学校
  • 実験
  • 少数
  • 帝國
  • 徴用
  • 拡散
  • 敗戦
  • 旧制
  • 東京
  • 東大
  • 立て方
  • 紹介
  • 舘中
  • 角館
  • 計画
  • 診断法
  • 論文
  • 赤十字病院
  • 高等