生年月日データベース

大杉隼平おおすぎしゅんぺい

写真家[日本]

1982年 8月28日 生 (満36歳)

大杉 隼平(おおすぎ しゅんぺい、1982年8月28日 - )は、日本の写真家。
ザッコ所属。
東京都生まれ。
俳優、大杉漣の長男。
日本写真芸術専門学校を中退後東南アジアへ。
2004年からロンドン芸術大学で写真とアートを学ぶ。
帰国後、アシスタントを経て、2008年から株式会社ザッコ (ZACCO) に所属。
現在、雑誌、テレビ、広告、CDジャケット、宣材写真、カタログなどで活動中。
東日本大震災後、「Leaves Work」を立ち上げ、全国で写真展を開催した。
震災から半年後、1年後の空を集め1つにしたものを岩手県、宮城県、福島県、茨城県に寄贈した。
2012年に放送されたBSフジの番組『ミ・ラ・イII』では、2004年に大地震と津波を経験したスマトラ島の災害後の状況を紹介するレポーター役を務めた。
NPO法人奄美大島自然体験学校監事。
写真展 『Good night and Good Luck』London (2007年) 『旅の軌跡』(2008年) 『光と影』ギャラリーLE DECO (2009年) 『父が見つめる先へ』(2009年) 『my dear smile –笑顔のつづき-』(2011年) 『SHUMPEI OHSUGI PHOTO EXHIBITION』(2011年) 『日常と非日常 私のもとへ帰って、もう一度愛してほしい』東京、神戸(神戸新聞ギャラリー)、福島、札幌(紀伊國屋書店)(2012年) 『佐村河内守交響曲第1番《HIROSHIMA》の世界展』 東京ミッドタウン (2013年8月17日- 8月25日) 出典・脚注 外部リンク 大杉隼平公式サイト 所属事務所による公式プロフィール 大杉隼平photographer (@shumpeiohsugi) - Twitter。

関連書籍

日本の写真家。1982年8月28日生まれ。東京都出身。日本写真芸術専門学校中退。 イギリス留学などを経てプロの写真家となった。雑誌や宣材写真などのカメラマンとして活動する一方で東日本大震災に関する写真展なども開催したことがある。 (引用元 Hatena Keyword)

「大杉隼平」と関連する人物