生年月日データベース

大松尚逸おおまつしょういつ

プロ野球選手[日本]

1982年 6月16日 生 (満37歳)

大松尚逸 - ウィキペディアより引用

大松 尚逸(おおまつ しょういつ、1982年6月16日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(内野手、外野手)。
来歴・人物 三馬小3年から三馬クラブで投手として野球を始める。
家族は父と兄。
中学時はシニアリーグ・金沢シニアに所属し、キャプテンでエースだった。
高校に入りポジションが外野へ変更。
肉体改造し当時の石川屈指のスラッガーになった。
金沢高では1年からレギュラーだったが、甲子園へは一度も出場していない。
東海大学に進学し、2004年に全日本の主将を務め、日米大学野球でMVPを獲得。
首都大学リーグ通算88試合出場、288打数83安打、打率.288、10本塁打、56打点。
ベストナイン3回。
ドラフト会議で千葉ロッテマリーンズに5巡目で指名を受け、入団。
2005年 ルーキーイヤーのこの年、二軍で4番に定着。
同じく新人の竹原直隆と共に二軍の快進撃に貢献した。
二軍で打率.288、14本塁打(イースタン・リーグ3位)、55打点(同3位)と活躍し、阪神と行われたファーム日本選手権では逆転本塁打を放つなど、二軍の日本一に大きく貢献した。

プロ野球選手。東京ヤクルトスワローズ・外野手。背番号は66。 1982年6月16日生まれ、石川県出身、B型。左投左打。 金沢高校→東海大学→千葉ロッテマリーンズ(05年ドラフト5位)→東京ヤクルトスワローズ 全日本の主砲を務めた大学№1スラッガー。日米大学野球でもMVPを獲得。 ツボにはまればスタンドインの長打力と勝負強い打撃が売りの強打者である。 難しい球やキレの変化球について行けない脆さはあるのだが、真ん中高めあたりに甘く来たような球は逃さず打ち返す鋭さがあり、まさに好球必打。 近年稀に見る正真正銘、「マリーンズの和製大砲」として将来が期待されていたが、2011年以降出場機会が減っていた。 2017年に東京ヤクルトスワローズに移籍。左の代打として出場機会を確保しつつある。 (引用元 Hatena Keyword)