生年月日データベース

筑波久子つくばひさこ

女優、映画プロデューサー[日本]

1937年 11月6日 生 (満81歳)

筑波 久子(つくば ひさこ、1937年11月6日 - )は、日本の元女優で、アメリカ合衆国の映画プロデューサーである。
米国での別名はチャコ・ヴァン・リューウェン (Chako van Leeuwen)。
来歴・人物 本名、村田敏子。
茨城県多賀郡大津町(現・北茨城市大津町)五浦出身。
父・弥一郎、母・ハツの間に4人兄妹の末っ子として生まれる。
両親は地元大手の旅館「五浦観光ホテル」を経営。
旅館の女将だった母親に溺愛され、母を憧れにして育つ。
中学時代は生徒会長を務め、トップ成績で慶應義塾女子高等学校に進学。
日活へ 慶応義塾女子高では演劇部に所属、幼いころに映画関係者にスカウトされたこともあり、両親に無断で日活のオーディションを受けトップ合格。
娘の芸能界入りに、母親は賛成したが厳格な父親は猛反対。
「駄目なら高校もやめる」としてついに父親が根負け、日活第3期ニューフェイスとして日活に入社。
同期に二谷英明、小林旭がいる。
続いて慶應義塾大学法学部政治学科に進学するが仕事が忙しくなり中退。
1957年(昭和32年)、『肉体の反抗』が大ヒット、筑波の身体を張った演技が話題となり、筑波主演の「肉体シリーズ」が日活のドル箱となる。

映像作品

関連書籍

女優、プロデューサー、脚本家 1939年、日本/茨城県生まれ 日活の肉体派女優として活躍。その後、渡米し、チャコ・ヴァン・リューウェン(Chako van Leeuwen)名義で映画プロデューサーに転身する。 (引用元 Hatena Keyword)