生年月日データベース

富野由悠季とみのよしゆき

アニメ監督、演出家[日本]

1941年 11月5日 生 (満77歳)

富野由悠季 - ウィキペディアより引用

富野 由悠季(とみの よしゆき、1941年11月5日 - )は、日本のアニメ監督、演出家、脚本家、作詞家、小説家。
本人は演出家・原案提供者としている。
日本で最初の連続テレビアニメ番組『鉄腕アトム』の制作に携わるなど、日本のテレビアニメ界をその草創期から知る人物。
代表作は『機動戦士ガンダム』などのガンダムシリーズ、『伝説巨神イデオン』、または『聖戦士ダンバイン』他のバイストン・ウェル関連作品など。
ペンネーム 本名・旧ペンネームは富野 喜幸(読み同じ)で、1982年以降富野由悠季というペンネームを原作、監督、小説執筆の時に使うようになった。
喜幸という名前は、両親の喜平と幸子の一文字づつをとって付けられた。
作詞家としては井荻 麟(いおぎ りん)で、日本サンライズ事務所のある上井草駅が西武新宿線井荻駅の隣(となり)であることに由来する。
ほか、絵コンテ、脚本、演出にとみの善幸、斧谷 稔(よきたに みのる)、作画監督に井草 明夫(いぐさ あきお)、声の出演に井荻 翼(いおぎ つばさ) などのペンネームを使う。

映像作品

関連書籍

音楽作品

アニメーション監督。作家。旧称富野喜幸(本名) 1941年11月5日生まれ。神奈川県小田原市出身。 日本大学芸術学部卒、1964年〜1967年まで虫プロダクションに所属。杉井ギサブロー(当時は杉井儀三郎)、出崎統、岡崎稔?、高橋良輔、石黒昇らとともに、『鉄腕アトム』『リボンの騎士』『どろろ(どろろと百鬼丸)』など手塚治虫作品のアニメ化に脚本・演出担当として参加する。 フリーとなり、『夕やけ番長』『新造人間キャシャーン』『海のトリトン』などを手がける。『未来少年コナン』や『赤毛のアン』にも参加している。 『無敵超人ザンボット3』『機動戦士ガンダム』『伝説巨神イデオン』などで、ロボットアニメに新境地を切り開く。とりわけ『ガンダム』は、一大ブームを巻き起こし、現在に至るまで新作が作り続けられている。1982年に現在の「由悠季」に改名。 近作に『ブレンパワード』『∀ガンダム』『オーバーマンキングゲイナー』『リーンの翼』などがある。 「新田修介」「井荻麟」「斧谷稔」など様々なペンネームで参加することもある。 (引用元 Hatena Keyword)