生年月日データベース

ファウスト・デ・エルヤルFausto de Elhuyar y de Suvisa

化学者[スペイン]

1755年 10月11日

1833年 2月6日 死去享年79歳
ファウスト・デ・エルヤル - ウィキペディアより引用

ファウスト・デ・エルヤル・イ・デ・スビサ(Fausto de Elhuyar (Elhyar) y de Suvisa、1755年10月11日、ログローニョ - 1833年2月6日、マドリッド)はスペインの化学者である。
1783年、兄のフアン・ホセ・デ・エルヤルとタングステンの単離に成功した。
スペイン北部のログローニョに生まれる。
パリで教育を受けたあと、ドイツのフライベルク鉱山専門学校で冶金学などを学んだ。
スペインのベルガラの神学校の教授になった。
1783年、ベルガラで鉄マンガン重石から分離したタングステン酸(1781年にカール・ヴィルヘルム・シェーレにより発見され、新元素と発表されていた)を木炭といっしょに強熱してタングステンの単離を行ない、鉄マンガン重石のドイツ名にちなみウォルフラム(wolfram)と命名した。

連想語句
  • タングステン
  • スペイン
  • マンガン
  • 重石
  • ドイツ
  • ベルガラ
  • メキシコ
  • 元素
  • 単離
  • 鉱山
  • エルヤル
  • カール
  • シェーレ
  • フライ
  • ベルク
  • ホセ
  • マドリッド
  • ログローニョ
  • ヴィルヘルム
  • 化学者
  • 教育
  • 木炭
  • 神学校
  • 記号
  • あと
  • ころ
  • ウォル
  • パリ
  • ファン
  • フアン
  • フラム
  • 任命
  • 冶金
  • 分離
  • 北部
  • 命令
  • 命名
  • 国王
  • 学校
  • 専門
  • 尽力
  • 強熱
  • 成功
  • 技術者
  • 教授
  • 新大陸
  • 王立
  • 発表
  • 発見
  • 長官