生年月日データベース

茨木のり子いばらぎのりこ

詩人[日本]

1926年 6月12日

2006年 2月17日 死去享年81歳
茨木のり子 - ウィキペディアより引用

茨木 のり子(いばらぎ のりこ、本姓・三浦(みうら)、1926年(大正15年)6月12日 - 2006年(平成18年)2月17日)は、『櫂 (同人誌)』を創刊し、戦後詩を牽引した日本を代表する女性詩人にして童話作家、エッセイスト、脚本家である。
戦中・戦後の社会を感情的側面から清新的に描いた叙情詩を多数創作した。
主な詩集に『鎮魂歌』、『自分の感受性くらい』、『見えない配達夫』などがある。
「わたしが一番きれいだったとき」は多数の国語教科書に掲載され、彼女の最も有名な詩のうちの1つである。
大阪府生まれ、愛知県西尾市育ち。
愛知県立西尾高等女学校を卒業後上京し、帝国女子医学・薬学・理学専門学校薬学部に進学する。
上京後は、戦時下の動乱に巻き込まれ、空襲・飢餓などに苦しむが何とか生き抜き20歳の時に終戦を迎え、1946年9月に同校を繰り上げ卒業する。
帝国劇場で上映されていたシェークスピアの喜劇「真夏の夜の夢」に感化され劇作の道を志す。
「読売新聞第1回戯曲募集」で佳作に選ばれたり、自作童話2編がNHKラジオで放送されるなど童話作家・脚本家として評価される。

関連書籍

音楽作品

詩人。1926年大阪生まれ、2006年逝去。代表作『倚りかからず』『自分の感受性くらい』。 (引用元 Hatena Keyword)