生年月日データベース

内藤多仲ないとうたちゅう

建築構造技術者[日本]

1886年 6月12日

1970年 8月25日 死去享年85歳
内藤多仲 - ウィキペディアより引用

内藤多仲(ないとう たちゅう、1886年6月12日 - 1970年8月25日)は日本の建築構造技術者・建築構造学者。
一級建築士(登録番号第17200号)。
「耐震構造の父」と評される。
「塔博士」とも呼ばれている。
山梨県中巨摩郡榊村(現・南アルプス市)出身。
旧制甲府中学(現・山梨県立甲府第一高等学校)、第一高等学校を経て東京帝国大学(現・東京大学)卒業。
最初は造船学を専攻していたが、日露戦争後の造船不況を考慮して建築学に転向。
佐野利器に師事した。
1910年に東京帝国大学卒業、1913年に早稲田大学教授。
1917-1918年、アメリカへ1年間留学。
旅行用トランクの仕切板を外して積んだためトランクを壊してしまった体験や船の構造から着想を得て、帰国後に耐震壁による耐震構造理論を考案した。
1924年、「架構建築耐震構造論」で工学博士号を取得。
この耐震構造理論を用いて耐震壁付き鉄骨鉄筋コンクリート構造の日本興業銀行本店(渡辺節設計、1923年竣工)や歌舞伎座等の構造設計を実施。

関連書籍

建築家。1886ー1970 「塔博士」と呼ばれた、鉄塔の構造設計の専門家。東京タワー、二代目通天閣、さっぽろテレビ塔、名古屋テレビ塔、博多ポートタワー、別府タワー等、約30件の、各地の観光名所&象徴的存在となっている鉄塔の構造設計をてがけた。 (引用元 Hatena Keyword)