生年月日データベース

井手口陽介いでぐちようすけ

男子サッカー選手[日本]

1996年 8月23日 生 (満22歳)

井手口 陽介(いでぐち ようすけ、1996年8月23日 - )は、福岡県福岡市出身のプロサッカー選手。
Jリーグ・ガンバ大阪所属。
ポジションはミッドフィールダー。
兄は同じくプロサッカー選手の井手口正昭。
プロ入り前 小学生時は中央FC、ストリートSC、油山カメリアーズに所属していた。
同時にアビスパ福岡スーパースクールに通い、中学進学時に当時阪南大学の選手だった兄のいる大阪に渡りガンバ大阪ジュニアユースに入団。
ガンバジュニアユースでは早くから頭角を現し中心選手として活躍、2011年のメニコンカップ クラブユース東西対抗戦では最優秀選手賞を受賞する。
また、2011年末には飛び級でユースチームの練習に参加し、その年のJユースカップにも出場した。
ユース昇格後は年代別代表にも選出され、高校2年生の2013年には、トップチームに2種登録選手として登録された。
ガンバ大阪 2014年、トップチームのキャンプに参加し3月19日のナビスコカップ・グループリーグ第1節神戸戦では公式戦初のベンチ入りを果たした。

関連書籍

サッカー選手。福岡県出身。1996年8月23日生まれ。 ポジションはミッドフィールダー。兄の井手口正昭もプロサッカー選手。 遠藤保仁の後継者候補として期待を集めているCMF。 リオデジャネイロオリンピック日本代表をはじめ、各年代別の日本代表に選出経験がある。2016年11月A代表に初選出。 (引用元 Hatena Keyword)