生年月日データベース

稲尾和久いなおかずひさ

プロ野球選手、監督[日本]

1937年 6月10日

2007年 11月13日 死去享年71歳
稲尾和久 - ウィキペディアより引用

稲尾 和久(いなお かずひさ、1937年6月10日 - 2007年11月13日)は、大分県別府市出身の元プロ野球選手(投手)・コーチ・監督、解説者・評論家。
プロ入り前 1937年、7人兄弟の末っ子に生まれる。
漁師を継がせたいと考えていた父親の意向で、幼い頃から艪を仕込まれ海に出されていた。
稲尾は当時について、「薄い板一枚隔てて、下は海。
いつ命を落とすか分からない小舟に乗る毎日だったが、おかげでマウンドでも動じない度胸がついた」と語っている。
また、強靭な下半身はこの漁の手伝いによって培われたものと言われているが、本人は「バランス感覚は養われたかも知れないけど、下半身のトレーニングにはあまりなっていないよ」と否定している。
西本幸雄が監督兼選手として率いた実業団チーム・別府星野組が第20回都市対抗野球大会で全国制覇し、オープンカーで別府市内をパレードした。
観衆の中には少年時代の稲尾がいた。
稲尾は「星野組はスターだった」と回顧している。
中部中学時代のポジションは捕手で、同校の生徒会長を務めた。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

いなおかずひさ [生]1937.6.10.大分,別府[没]2007.11.13.福岡,福岡プロ野球選手。1956年高校卒業と同時に西鉄ライオンズに投手として入団,21勝をあげて新人王。三原脩指揮のもと,打撃陣の中西太,大下弘,豊田泰光らと並び投手陣の柱として西鉄黄金時代を築く。1958年の読売ジャイアンツ(巨人)との日本シリーズにおいては,3連敗後の4連投でチームを4連勝に導き,「神様,仏様,稲尾様」と称賛された。30勝以上を4回記録。1969年引退。通算756試合,276勝137敗。防御率1.98。現役引退後,西鉄,太平洋クラブ・ライオンズ,ロッテ・オリオンズの監督を務めた。1993年野球殿堂入りを果たした。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 現役
  • プロ野球
  • ライオンズ
  • 投手
  • 稲尾
  • 西鉄
  • コーチ
  • プロ
  • 仏様
  • 入団
  • 別府市
  • 大分県
  • 引退
  • 指導者
  • 晩年
  • 末期
  • 監督
  • 神様
  • 解説者
  • 評論家
  • 選手
  • 野球
  • いなお
  • かずひさ
  • チーム
  • 主戦
  • 出身
  • 和久
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 多投
  • 好成績
  • 日本一
  • 時代
  • 異名
  • 貢献
  • 連投
  • 連続
  • 鉄腕