生年月日データベース

大嶺祐太おおみねゆうた

プロ野球選手[日本]

1988年 6月16日 生 (満31歳)

大嶺祐太 - ウィキペディアより引用

大嶺 祐太(おおみね ゆうた、1988年6月16日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(投手)。
愛称は「ゆうた」。
血液型はA型。
同じく千葉ロッテマリーンズに所属する大嶺翔太は実弟。
プロ入り前 石垣島生まれ。
小学二年の時「八島マリンズ」で三塁手として野球を始め、中学では硬式野球「八重山ポニーズ」で世界大会3位になった。
同じ沖縄出身の新垣渚を見て、プロを目指した。
小学時代より指導を受けた伊志嶺吉盛の強い勧めで八重山商工に進学。
2006年春(第78回選抜高等学校野球大会)・夏(第88回全国高等学校野球選手権大会)の甲子園連続出場を果たし、八重山商工の快進撃の原動力となった。
特に、春の大会では17奪三振を記録している。
夏の甲子園では大会最速151km/hのストレートを記録している。
打線ではクリーンナップの5番打者におかれ、打撃面でも期待されていた。
ドラフト前の予想では相思相愛の福岡ソフトバンクホークスの単独一位指名が予想されていたが、ドラフト10日前にボビー・バレンタインがテレビで大嶺を見て気に入り、千葉ロッテマリーンズが強行指名を決定。

大嶺祐太は日本のプロ野球選手(投手)。千葉ロッテマリーンズ所属。 1988年6月16日生まれ、沖縄県石垣市出身。 身長184cm、体重80kg、右投げ左打ち。背番号は1→11。 弟は、大嶺翔太。 (引用元 Hatena Keyword)