生年月日データベース

吉村公三郎よしむらこうざぶろう

映画監督[日本]

1911年 9月9日

2000年 11月7日 死去急性心不全享年90歳
吉村公三郎 - ウィキペディアより引用

■ 映像作品

■ 関連書籍

よしむらこうざぶろう [生]1911.9.9.滋賀[没]2000.11.7.神奈川映画監督。1929年松竹蒲田撮影所に入り,島津保次郎の助監督を務めた。1934年に無声の短編喜劇『ぬき足さし足・非常時商売』で監督デビューし,1939年に正式に監督に昇格。『暖流』(1939)でその地位を確立し,『西住戦車長伝』(1940)も好評を博した。1950年に松竹を退社し,新藤兼人と独立プロダクション近代映画協会を設立した。戦前から戦後の日本映画の黄金期を支え,文芸作品から社会問題まで幅広いテーマで作品を撮り続けた。おもな作品に『安城家の舞踏会』(1947),『わが生涯のかゞやける日』(1948),『森の石松』(1949),『偽れる盛装』(1951),『足摺岬』(1954),『夜の河』(1956),『こころの山脈』(1966),『襤褸(らんる)の旗』(1974)などがある。1976年紫綬褒章,1982年勲四等旭日小綬章を受章。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 生涯
  • 映画
  • 監督
  • テレビドラマ
  • 作品
  • 吉村正一郎
  • 吉村秀實
  • 大津市
  • 委員
  • 晩年
  • 滋賀県
  • 著書
  • 西村昭五郎
  • 解説
  • いとこ
  • 仏文
  • 子供
  • 学者
  • 所生
  • 長男