生年月日データベース

塙忠宝はなわただとみ

国学者[日本]

(文化4年12月4日生)

1808年 1月1日

1863年 2月10日 死去暗殺享年56歳
塙忠宝 - ウィキペディアより引用

はなわ-ただとみ 1808*-1863*江戸時代後期の国学者。文化4年12月8日生まれ。塙保己一(ほきいち)の4男。文政5年(1822)和学講談所御用掛となり,編修事業につくす。老中安藤信正の依頼による外国人待遇の式例調査を,廃帝の前例をしらべたと誤伝され,暗殺された。犯人は伊藤俊輔(博文),山尾庸三とされる。文久2年12月22日死去。56歳。江戸出身。名は別に瑶。通称は次郎。号は温古堂。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 千代田区
  • 東京都
  • 業績
  • 国学者
  • 塙保己一
  • 大学
  • 幕末
  • 拡大
  • 明治
  • 江戸時代
  • 述斎
  • 駿河台
  • じろう
  • イヨ
  • 中坊
  • 命名
  • 四男
  • 岡田
  • 忠宝
  • 旧暦
  • 暗殺
  • 末期
  • 次郎
  • 現在
  • 現場
  • 通称
  • 陽之助