生年月日データベース

鈴木寛

ボブスレー選手[日本]

1973年 12月13日 生 (満45歳)

鈴木寛 - ウィキペディアより引用

鈴木 寛(すずき ひろし、1964年2月5日 - )は、日本の政治家、社会学者、元通産官僚。
参議院議員(2期)、民主党東京都連幹事長、文部科学副大臣を歴任した。
政治活動を開始してからは、自ら有職読みの「すずき かん」を名乗った。
現在は、文部科学大臣補佐官、東京大学公共政策大学院教授、慶應義塾大学政策メディア研究科兼総合政策学部教授、社会創発塾塾長、日本サッカー協会理事、日本音楽著作権協会理事。
兵庫県明石市生まれ。
東京都杉並区立桃井第三小学校などを経て、灘高等学校、東京大学法学部公法学科卒業。
東大卒業後の1986年4月、通商産業省に入省。
同期入省に藤末健三(元総務副大臣)、中尾泰久(特許庁総務部長)、後藤久典(元ミラノ国際博覧会日本政府代表)、岸博幸(慶應義塾大学教授)などがいる。
資源エネルギー庁に配属された後、国土庁への出向を経て、通商産業省産業政策局や生活産業局に勤務する。
1992年オーストラリア・シドニー大学特別研究員(テーマ:アジア太平洋経済協力)1993年、山口県へ出向、県工業振興課長として企業誘致や研究活動促進、中小企業の振興に関わる。

関連書籍

政治家、社会学者。1964年、兵庫県明石市生まれ。86年、東大法学部卒業後、通商産業省(現経済産業省)に入省。通産省在任中より私塾「すずかんゼミ」を主宰しIT政策通として知られた。99年、同省を退官し、慶應義塾大学助教授となる。2001年、参議院議員に東京選挙区から立候補し、初当選。07年、2期目の当選を果たす。民主党政策調査会副会長、党憲法調査会事務局長、参議院憲法審査会幹事などを歴任し、09年には鳩山内閣で文部科学副大臣に就任。10年、菅内閣で再び文科副大臣に就任した。13年7月の参院選で、東京選挙区に民主党公認で立候補したが落選。同年11月19日、民主党に離党届を提出した。 (2013-11-21) (引用元 コトバンク)