生年月日データベース

木村毅きむらき

文学評論家作家[日本]

1894年 2月12日

1979年 9月18日 死去享年86歳

木村 毅(きむら き、1894年2月12日 - 1979年9月18日)は、作家、評論家、明治文化史の研究家。

岡山県勝南郡勝間田町 勝間田村(現勝田郡勝央町)に生まれる。
1917年に早稲田大学英文科を卒業。

隆文館、春秋社の編集者をしながら評論、翻訳をおこなう。
また明治文化研究会同人(のち第3代会長)となったほか、円本の企画にも参加した。
1928年ヨーロッパへ渡り、デュマの遺跡などを探訪した。
小説、実録、評論のほか、明治文化・文学を研究し多数の著作を残す一方、日本フェビアン協会、労働農民党 労農党に参加。
社会運動にも挺身した。
1978年に菊池寛賞受賞。

あまりの著書の多さと雑駁さに、未だ全集等はなく、伝記も書かれていない。
著書に『小説研究十六講』など。

関連書籍

DMMメディア

1894-1979 評論家、明治文化研究家。 岡山県生まれ。早大卒。明治文化・文学を研究し多数の著作を残す一方、日本フェビアン協会・労農党に参加し社会運動にも挺身した。著書に「小説研究十六講」など。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作品
  • 伝記
  • 共著
  • 創作
  • 勝央町
  • 勝田郡
  • 南郡
  • 小説家
  • 少年世界
  • 岡山県
  • 文学
  • 文章世界
  • 早稲田大学
  • 映画
  • 歴史
  • 社会
  • 科学
  • 編著
  • 翻訳
  • 著書
  • 関連
  • 随筆
  • 入学
  • 勝間
  • 勝間田町
  • 卒業
  • 小学校
  • 少年
  • 投稿
  • 文士
  • 文科
  • 時代
  • 独学
  • 田村
  • 高等