生年月日データベース

清沢満之きよざわまんし

真宗大谷派侶、哲学者[日本]

(文久3年6月26日生)

1863年 8月10日

1903年 6月6日 死去肺結核享年41歳

■ 映像作品

■ 関連書籍

浄土真宗大谷派の僧・宗教家。愛知県生。幼名は満之助。諱は賢了、号は現誠・建峰・骸骨・石水・臘扇・浜風等。東本願寺育英教校を経て東大に入学。卒業後は大学院に進み宗教哲学を専攻。京都府尋常中学校校長を務め、愛知県西方寺に入り清沢姓となる。雑誌「教界時言」を発刊して宗門改革を主張した。また、暁烏敏らと雑誌「精神界」を発刊して精神主義を唱え、絶対他力信仰を鼓舞した。著に『精神講和』『仏教講和』等。明治36年(1903)寂、41才。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 時代
  • 主要
  • 僧侶
  • 哲学者
  • 大谷
  • 宗教家
  • 影響
  • 日本
  • 明治
  • 東本願寺
  • 歎異抄
  • 法名
  • 浜風
  • 清沢
  • 生涯
  • 発見
  • 真宗
  • 石水
  • 著書
  • 関連
  • 院号
  • 骸骨
  • 信力
  • 幼名
  • 徳永
  • 旧姓
  • 本山
  • 活躍
  • 浄土真宗
  • 満之助