生年月日データベース

松岡映丘まつおかえいきゅう

日本画家[日本]

1881年 7月9日

1938年 3月2日 死去享年58歳
松岡映丘 - ウィキペディアより引用

関連書籍

日本画家。兵庫県生。名は輝夫。生家は代々医家で兄は国文学者井上通泰・民族学者柳田国男・言語学者松岡静男。東美校卒。初め橋本雅邦の門に入り、のち山名貫義に大和絵を学び、ついで川合玉堂の指導を受ける。鏑木清方らと金鈴社を、岩田正巳らと新興大和絵会を起こし、また国画院を結成、大和絵の伝統を近代によみがえらせ、多くの名品を残した。帝展審査員。帝国芸術院会員。昭和13年(1938)歿、58才。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 学者
  • 生涯
  • 兵庫県
  • 井上通泰
  • 代表作
  • 医師
  • 国文
  • 弟子
  • 播磨
  • 日本
  • 映丘
  • 書籍
  • 松岡
  • 松岡操
  • 松岡静雄
  • 松岡鼎
  • 柳田國男
  • 歌人
  • 民俗
  • 民族
  • 田原
  • 画家
  • 神崎郡
  • 神東
  • 福崎町
  • 言語
  • 辻川
  • 関連
  • これ
  • 北部
  • 夭折
  • 成人
  • 旧家
  • 末子
  • 本名
  • 泰蔵
  • 海軍
  • 現在
  • 軍人
  • 輝夫