生年月日データベース

海音寺潮五郎かいおんじちょうごろう

作家[日本]

1901年 11月5日

1977年 12月1日 死去心筋梗塞享年77歳
海音寺潮五郎 - ウィキペディアより引用

■ 映像作品

■ 関連書籍

かいおんじちょうごろう [生]1901.3.13.鹿児島[没]1977.12.1.黒磯小説家。本名,末富東作。1926年國學院大學高等師範部国漢科卒業。中学教師を務めるかたわら,1931年『サンデー毎日』の懸賞小説に応募,『風雲』が当選,1934年に退職して作家生活に入った。1936年『武道伝来記』などで直木賞を受賞,大衆文学の代表作家と目された。『平将門』(1954~55),上杉謙信の生涯を描いた『天と地と』(1960~62),純友の乱を主題とする『海と風と虹と』(1965~66)などのスケールの大きな歴史小説を次々に執筆,ライフワークとしていた『史伝西郷隆盛』を続稿中没した。1973年文化功労者。1977年日本芸術院賞受賞。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 日本
  • 鹿児島県
  • テレ
  • ワーク
  • 五部
  • 伊佐市
  • 伊佐郡
  • 作品
  • 作家
  • 共編
  • 受賞歴
  • 史伝
  • 宣言
  • 小説家
  • 年譜
  • 引退
  • 復興
  • 文学
  • 映像
  • 末冨
  • 由来
  • 発表
  • 直木賞
  • 筆名
  • 著書
  • 西郷隆盛
  • すえとみ
  • とうさく
  • 大口
  • 大口町
  • 日没
  • 明子
  • 本名
  • 東作
  • 次女
  • 社長