生年月日データベース

清水隆行しみずたかゆき

プロ野球選手、指導者[日本]

(旧登録名・清水崇行)

1973年 10月23日 生 (満45歳)

清水 隆行(しみず たかゆき、1973年10月23日 - )は、東京都足立区出身の元プロ野球選手(外野手)、野球指導者。
2009年から2012年までの登録名は清水 崇行(読み同じ)。
学生時代 浦和学院高等学校から東洋大学へ進学。
高校では鷹野史寿とチームメイト、大学時代の同期生には、後に巨人で共にプレーすることになる川中基嗣がいる。
東都大学リーグ通算78試合出場、253打数71安打、打率.281、6本塁打、46打点。
ベストナイン4度受賞。
4年時には福岡で開催されたユニバーシアード日本代表にも選ばれ銅メダル獲得。
1995年度ドラフト会議にて読売ジャイアンツから3位指名を受けて入団。
プロ入り後 巨人時代 ルーキーイヤーの1996年から安定した打率を叩き出し、外野手のレギュラーに定着。
同年はリーグ優勝にも貢献した。
当初のポジションは左翼手と中堅手を兼任していたが、松井秀喜の中堅手コンバートに従い左翼に定着。
不動の2番だった川相昌弘の出場機会の減少に準じ、監督の長嶋茂雄に「バントと併殺が少ない攻撃型の2番打者」として起用されることになる。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

プロ野球選手(外野手)。 背番号4。 東京都出身。1973年10月23日生まれ。A型。右投左打。 浦和学院高→東洋大学→読売ジャイアンツ(95年ドラフト3位)→埼玉西武ライオンズ(金銭トレード) '02 ベストナイン 最多安打 2003年の成績 打率 .240 試合数 101 打席 366 安打 88 本塁打 14 打点 44 2003年は怪我に泣いたが、2002年の最多安打がマグレじゃなかったことを証明するためにも、2004年はあの鋭いスイングでヒットを量産し、178安打(チーム最多)。 2005年5月13日西武戦にて西口文也のノーヒットノーランをホームランで阻止する。 2008年オフ、金銭トレードで埼玉西武ライオンズに移籍。登録名を清水崇行に変更する。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 日本
  • 東京都
  • 足立区
  • 代表
  • 伝記
  • 出典
  • 出身
  • 国籍
  • 基本
  • 清水
  • 生年月日
  • 監督
  • 野球
  • 隆行