生年月日データベース

桂小米かつらこよね

落語家・11代目[日本]

1950年 9月22日 生 (満68歳)

桂 小米(かつら こよね)は、上方落語の名跡。
当代は11代目だが、9代目以前については詳細不明。
9代目 9代目 桂小米‐のちの2代目 桂小文治(1893年3月28日 - 1966年11月28日)。
本名:稲田裕次郎。
享年75。
7代目 桂文治門下で後に東京へ進出。
上方落語家でありながら、落語芸術協会の幹部にまで登り詰めた。
弟子には5代目 古今亭今輔、10代目 桂文治などがおり、4代目 桂米丸や11代目 桂文治は孫弟子にあたる。
10代目 10代目 桂小米‐のちの2代目 桂枝雀 (1939年8月13日 - 1999年4月19日)。
本名: 前田達。
享年59。
3代目 桂米朝門下で「上方落語の爆笑王」の異名を取り、東京歌舞伎座での落語会を成功させたが、晩年はうつ病に苦しんだ。
弟子には3代目 桂南光や桂雀々がおり、弟弟子にあたる2代目 桂ざこばの弟子である桂りょうば(本名:前田一知)は長男にあたる。
11代目 11代目 桂 小米(かつら こよね、1950年9月22日 - )は鳥取県西伯郡出身の上方噺家。

音楽作品

DMMメディア

連想語句
  • 桂文治
  • 出典
  • 協会
  • 古今亭今輔
  • 桂小文治
  • 米丸
  • 米朝
  • 芸術
  • 落語
  • 関係
  • 関連
  • 上方
  • 孫弟子
  • 幹部
  • 弟子
  • 本名
  • 東京
  • 桂枝雀
  • 稲田
  • 落語家
  • 裕次郎
  • 進出
  • 門下